ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年04月29日 (金) | 編集 |
いよいよGWです。それどころでないかもしれませんが、できる範囲で活性化を図ります。


関東はぐっと気温が上がり、寒さに弱い者としては過ごしやすくなってきました。

グリップ入れたらすぐには打てません。入れてもすぐに動かさず、6時間待ちましょう。焦れてくるのも一興。久しぶりの練習場、ちょっと緊張します。余りの緊張にしばらくグローブつけるのを忘れていました。付け忘れはいけません。でも時と場合によってはいいのかもしれません。

まだヘッドを落としてしまっているか遠回りしているようで、開始早々は猛烈なフックで度肝を抜かれます。徐々にまっすぐになっていくのですが、最初からまっすぐに打ち出せるようにするのが課題です。

今日は練習場で偶然知り合いに会いました。久しぶりでしたから色々話をしましたが、パットの話になったので、色々教わりました。知っていることでも実際やってみたり、できているかどうかを自己判断だけでなく人から見てもらうのもとても役立ちます。嫌でもヘッドに意識がいくこのパターは素晴らしい。視覚に頼って開き気味になる癖の原因がよくわかりました。ヘッドが「重」要なのです。

ハミングバードのパターがどういうものか知らなくても、このパターで打った球を見ると「ころがりがよい」と思うでしょう。練習場の人工芝のグリーンであっても、その差がわかるのです。長年経験を積んで「知っている」ラインは通らず、内側を通る。あるいは曲がるはずのラインで曲がらない。自分のパターでは何度打っても曲がる。そのラインを通すにはかなりオーバーを覚悟して強く打つしかない。でも何故かこのパターはぴったりの距離でも曲がらない。その方と私が同じところからラインを読んでも、距離感含めて同じ読みになることは無いのでしょう。

ハミングバードのパターにして以来、他のパターで打ってみたことは皆無に近い状態だったのですが、今日は話の流れでその方のパターを借りて打ってみました。結果は散々なのは当たり前なのですが、ハミングバードのパターでは無い、市販のパターを使っている方が「距離感」をとても重視する理由がとてもよくわかりました。ハミングバードのパター、重いL字ならもちろんベティでも、を使っていると「距離感」はあまり、いやほとんど気にならなくなっていました。パットで「距離感」に神経を使わなくてよいということがどれだけ素晴らしいことか、当たり前になっていましたが、とても贅沢なことなんですね。

パターをお借りする際、流れでうっかりL字パターをその方に「持って」もらいました。恩を仇で返してしまったかもしれません・・・。
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2011年04月28日 (木) | 編集 |
ついにモンスタードライバーがやってきました。恐ろしいパワー!!

グリップ付けにチャレンジしてみましたが、下巻きを上手く巻けず断念。

続きはまた後で。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2011年04月17日 (日) | 編集 |
葉桜もいいものです。


「ゴルフの科学」の感想など。

ところどころ論理に飛躍があるような箇所もあり、その場合は結論にも疑問符が付きましたが、そんなことはたいした問題ではありません。スウィング論?関連は「多くのプロがこうしているからこれが正しい」という統計的な理由が多くて退屈でした。

面白いのは「クラブの科学」編と「インパクトの科学」編でした。恐らくは巷のゴルファーは興味が薄いところかと思いますが、ゴルフに限らなければ仕組みの話が好きな人も多いのではないかと思います。が、ゴルフに関しては仕組みの話は供給不足のようです。この本が発行された当時のクラブをよく知らないので想像するしかないのですが、総重量もシャフトも今よりもかなり重かったのではないかと思える結論が多いようです。

ゴルフボールが飛ぶ原理に関してベクトル、特に成分に分けて表現しているのはゴルフの書籍にはなかなか無いのではないでしょうか。球が飛ぶ軌跡の三角関数式や角速度にも触れています。流石に雑誌などでも角速度の概念はよく見るようになりました。残念ながら重力に触れずに終わっているのはヘッド重量を実感できないクラブだったからなのではないでしょうか?

とは言え、球の潰れや球が潰れた際にクラブヘッドにひっついて球が動く距離にも触れられているので、間接的ながらエネルギー保存則や衝突について語られる数少ないゴルフ書籍であることに違いはありません。恐らくこのようなゴルフの書籍が日本で発行されることはもう無いでしょう。

ゴルフとは全く関係ありませんが、別のスポーツの書籍も読みました。そのスポーツは道具は使用しないのですが、やはり動作の基本は円運動ではなく直線運動でしたし、速く動く為の基本となる動作は「最短距離を動く」こと(みちのりを減らす)、体のバランスを崩さないこと(体のバランスを崩してしまうと、「体のバランスを整える」余分な動作が入ってしまうので遅くなる)でした。そうした観点から一般的なゴルフのスウィングを見ると、やっぱりタコ踊りにしか見えないのでした。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2011年04月04日 (月) | 編集 |



モンスターが生まれようとしております。

11Wと仲良しの1Wのモンスターです。

すっかり11Wに慣れてしまいました。

モンスターに遭遇して、久しぶりに背筋が筋肉痛です。

こんなご時勢に何とも贅沢な話です。

こんなときでも、元気出していこうと思います。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2011年04月04日 (月) | 編集 |
ボツ記事リサイクル第二段です。


しばらく忙しくて練習はおろか歩くことも少なかった時期のことです。

便利になったもので、携帯に万歩計が付いていました。勝手に計測してカロリー計算やらしてくれ、予め決めた目標値を達成すると教えてくれたりするのでそれなりに歩く機会や歩数が増えます。

すっかり目標未達成の日々が続いたある日、珍しく時間が空いたので練習に行きました。久しぶりでしたがたまたま暖かい日だったこともあって、スパスパ拾ってくれて気持ちよかったのですが、しばらくしてアドレスから始動できなくなりました。体が拒否しているような感覚です。それでも無理やり始動すると案の定ミス。どうやら余りにも歩いていなかったので、右尻を引けなくなってしまうほど疲れていたようです。不思議なもので右尻を引けないとクラブの重さが変わってきてしまうことに体が反応したようです。全く自覚がなかったのでまあこれもクラブが教えてくれたのかなぁと無理せずその日はおしまいにして歩く機会を増やすようにしました。

これも「だからどうした」ですね。はっはっは。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2011年04月03日 (日) | 編集 |
過去のボツ記事をリサイクルしています。12月~1月くらいの・・・。


気がついたら、アドレスするときに両肘を少々曲げて、微妙に曲げ伸ばしをしていました。

なんでこんなことしているのか気になって考えてみたのですが、両手でグリップを挟みつつクラブをぶら下げて何かをしようとしていたようです。所謂クラブを握ってしまうこと、前傾が深くなることの防止策なのかなと思っていたのですが、微妙に違うような気がしています。これをやると、目で見た飛球線にフェースを合わせようとしてグリップを握ってしまうことは防ぎやすいかもしれません。が、自分の気持ちとしては、クラブを両手で挟む感覚をアドレスからフィニッシュまで持っていたかったからのようです。いつの間にか、そのように思うようになっていました。

これはせっかくクラブを挟むように支えても、フィニッシュではいつの間にか握っていて違和感を感じたことが原因のようです。いつまでクラブを挟む感覚を保てるか、アドレスまでか、テークアウェイまでか、トップからの始動までか、インパクト前までか、球ありの場合はどうか、球なし( (^^;;; )の場合はどうか、などなど段々と細かく確認していって試していたときにそのような癖のような行為をするようになっていたようです。多かったのはテークアウェイ初期とトップからの始動時でした。特にトップからの始動でクラブが球のある方向以外の方向に重かった場合です。

だからどうというわけではありません。何せボツ記事ですから。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。