ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
  • 12«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »02
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年01月27日 (木) | 編集 |
やっと書けた・・・。


寒いので今回はスピーカーについてです。

学生時代の音楽と言うとレコードからカセットテープに録音してラジカセで聞くと言うのが定番でした。大きなスピーカー、アンプ、レコードプレーヤー、カセットデッキ等のオーディオ機器はまさに音響装置として存在感を持って部屋の一角を占めていました。いつの間にか大型化するテレビに場所を奪われ、テレビのスピーカーから流れる歌番組とヘッドホンで聞く小型プレーヤーが音楽の主体になると、音楽への興味が薄れてしまいました。運転中にカーオーディオから流れる音楽が唯一となり、積極的に聴く、音楽を聴くこと「だけ」をするということが無くなりました。

昭和の時代にはテレビでは歌番組が流行り、オーディオ機器のみならずテレビのスピーカーも若干進化したようです。モノラルからステレオになっただけでなく、ブラウン管の大型化によりテレビ自体が大きくなり、余剰スペースが増えたのでしょうか。テレビに内蔵されているスピーカーも大きくなったようです。しかし、ブラウン管から液晶になったときに、確かに画質はよくなりましたが、音、特に声が非常に聞き取りづらくなりました。効果音やBGMに紛れてしまい、何を言っているのかわかりづらいのです。洋画でもないのに字幕が出るのはわかりやすいのかもしれませんが、あからさまに言っていることと異なる字幕が付いていたりして、だったら最初から映像なんぞ出さずに文字だけでいいんじゃないかと思えるほどです。

スピーカーから音を出すには電流が必要です。きっと大きいスピーカーを鳴らすには、振動版を振動させるにはたくさん電流がいるのでしょう。小さければ少なくて済みますが、そうなると音はどうなるのでしょうか。イメージとしては「小さければ聞き取りにくい」です。液晶テレビの大きさ、厚みで十分な音を出すスピーカーを内臓するのは無理な気がしますが、画面を共鳴させてたりするのでしょうか。

一方、パソコンはというと、DOS/V全盛期はサウンドブラスター挿して外部スピーカーで・・・、なんてこともしていましたが、最近はノートパソコンが主流で音源はオンチップ、モニタか本体内蔵のスピーカー、ちょっと頑張って小型外付けスピーカーでしょうか。我が家のノートは昔のラジオのような音です。

前置きが長くなりましたが、やっとデスクトップのDELL用のモニタを買いました。これまではHDMIでテレビに繋いでいましたが、パソコンの画面を表示するとテレビに近づかないととても見づらくて目が疲れるし、リビングのテレビの前に陣取るわけにもいかないので、モニタ設置となりました。たまたまスピーター付きモニタだったので動画(非エロ)も見てみました。液晶もだいぶ進化したようです。映像はとても見やすく綺麗です。が、しかし音は酷いものです。テレビのスピーカーもよくないですが、モニタのスピーカーはもっと酷かったのでした。イヤホンで聞いているようです。

というわけで、何とスピーカーとアンプを戴いてしまいました(物々交換!?)。例のタイムドメインです。真空管アンプはいずれ・・・ということで早速セットしてみました。

まずは試しにテレビの外部出力に繋いでみました。声がとても聞き取りやすいです。次にパソコンに繋いでみました。こちらもばっちりです。テレビでもパソコンでもこのスピーカーを使いたい・・・。どうすればよいのでしょうか。

テレビにはHDMI入力が複数と外部出力があります。ということはセレクタみたいなものです。ならば、パソコンのHDMIはテレビに繋ぎ、モニタにはVGAで繋いでマルチディスプレイにすれば、テレビの外部出力からパソコンの音もスピーカーに出せるのではないでしょうか。ものは試しで早速繋げてみました。テレビの外部出力は実はモニタ出力だったようで、テレビ内蔵スピーカーとラグビーボールのようなタイムドメインのスピーカーの両方から音が出ます。繋ぎ変えなくても普段はテレビ内蔵スピーカーを使えます。外部スピーカーで聞きたくなったらテレビは消音して外部スピーカー用アンプの電源を入れればよいのでとても便利です。

pc_speaker

テレビはオッケー!ですがパソコンの音がHDMI経由でタイムドメインのスピーカーから出てくれません。しかたなくモニタとピンプラグで繋ぎ、モニタ内蔵のスピーカーから悲しい音が出るようにはなりましたが、HDMIからは音が出ません。マルチディスプレイには対応しているが、マルチサウンドには対応していないということでしょうか。

Windows7ならもしかして、という淡い期待がありましたが、どうにもHDMIとピンプラグの両方から音を出すことができません。ならば物量作戦しかないでしょうか。コントロールパネルで「既定のデバイスに指定する」のは1つだけ、HDMIかピンプラグかどちらかでした。

ともかく、これでパソコンで動画や音楽を再生する時も(表示はテレビですが)、テレビを見る時もタイムドメインのスピーカーで聞くことができます。何故よいのかはわかりませんが、場所を取らないラグビーボール大の大きさでこの音が聞けるなら大満足です。
スポンサーサイト
テーマ:パソコンな日々
ジャンル:コンピュータ

2011年01月11日 (火) | 編集 |
今年もよろしくお願いいたします。もう十一日ですけど。


パターと共に年越しするはずでしたが、ごろごろして自演乙の人を見てました。

年末年始は忙しくてなかなか練習に行けませんでしたが、2回ほど行ってみました。
パターはパター練習場でも威力を発揮してくれます。コースに出るのが楽しみです。

ところが、木の一番さんはへそを曲げてしまいました。意固地になってしまったのではなく、寒さに凍り付いてしまったのでもなく、諸事情により、相対的に堅物さんになってしまいました。

一方、木の十一番さんは寒さにもめげず柔軟に仕事をこなしてくれます。

余りにも十一番さんに頼りきってしまったので、若干態度を硬化させていた鉄の皆さんも意固地になってしまいました。

現在十一番さんと仲良しなのはパターだけです。

木の一番さんと鉄の皆さんは、常春の水族館で春が来るのを待っています。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。