ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年11月30日 (火) | 編集 |
「支持率がッ、1%を切るまでッ、総理を辞めない!」


今日は例の打席の中でも特等席である鏡前を陣取ってみました。横須賀巨大テレビ打席風です。

打ち放題も惹かれましたが、最近球打ってないことも鑑みて今回はパス。鏡を見つつ、クラブを上げる練習をひたすら続けます。あー、もう忘れかけてるし・・・。

お次はダウンなのですが、キャストしまくりで届きません。届かないのに下げちゃいけないってどういうことだ!とやり場の無い怒りに身を任せそうになりますが、そんな時は気分転換にパターです。不思議とパターだとキャストしなくなるので(当たり前か)、パターに慣れたらおもむろにドライバーを取り出します。燃える男の熱いドライバーをそーっと動かすのはなんだかおかしいのですが、笑いながら打っていると通報されそうなので堪えます。あーそう言えば上がるってことは近いってことで、下がるってことは遠いってことだったっけかと右肘をインパクト前に伸ばしきらないようにするといきなり恐ろしい動きになるのでちょっとビビリます。

ところでモーメントというと回転を連想させますが、慣性モーメントは回転しにくさ、止まりにくさを表しているんじゃなかったのかいなと思わなくもないのです。キャストさせてしまうと思いっきり落ちようとするように感じます。理想的な入射角の下から入るような感じです。上から見ると、理想的な軌跡の外側を通る感じです。葡萄の外側・下側です。キャストを止め、ヘッドとグリップの移動量を合わせます。同じ重量なら同じだけ動かす感覚ですが、重いのは動きにくいのですから、動きにくいところは多めに、動きやすいところは少なめに、とすると移動量が合うのかもしれません。更に体の近くを通すとヘッドは何故か葡萄を通り越して富士山の麓から山頂に近づいていくような気がします。体の近くで無いと、麓まで来れません。また、次の練習で挑戦です。
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年11月29日 (月) | 編集 |
練習している時に、左手首の折れる時の感覚の違いを上手く表現できないか考えていました。
蝶番で表現できるのではないかと思いました。

・左手を左手自身で動かす場合:ばね付き蝶番
左手リード、左手手動、等と言われているかもしれません。左手も動力源となっているようです。

・左手が脱力する場合:蝶番
左手は動力源となりませんが、放っておくと左手は重力にしたがって開く、もしくは閉じます。

・左手が右手で押される場合:錆びた蝶番 もしくは きつい蝶番
左手は動力源となりませんし、放っておいても動きません。右手で押された分だけ動きます。

うーん、文章にするとイマイチ・・・。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年11月27日 (土) | 編集 |
昨日くらいから少し暖かいです。


すっかり忘れていたコースボール導入の練習場に行きました。またまた告知のポスターをよーく見ると、「コースボール仕様」と書いてありました。

また新たに語録追加です。

志向:    例 「アスリート志向」
フィーリング:例 「ソフトフィーリング」
風(ふう):  例 「和風」
仕様:    例 「コースボール仕様」<<<<< New!!!

それはともかく、他の練習場並みの硬さのボールになったので、前のやわらかい球よりもぐっと気持ちよくなりました。今日はパター練習場のすぐ前の打席が空いていたので、その打席で練習しました。パターを打ってすぐにドライバーが打てます。今の私にはこの打席はすごく便利です。パターで確認してドライバー打つ、とできるのでしばらくはこの打席のお世話になりそうです
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年11月25日 (木) | 編集 |
「おまえうまそうだな」観に行きたい・・・。





「別れたいってどういうこと!」
「もう終わりにしたいんだ」

「どうして!」
「仕方ないんだ」

「ひどい!君だけだって言ったじゃない」
「確かに君だけだった。でも・・・」

「他に好きな人ができたのね」
「・・・そうだ」

「よくも!この浮気者!」
「浮気じゃないんだ。本気なんだ」

「くやしい!私のどこがいけないの?」
「君はいけなくない。でももっと魅力的なんだ」

「私よりも若いのね!」
「若いっちゃ若いが、そうじゃないんだ。相性がいいんだ」

「じゃあ何?体目当て?」
「そう言えなくも無い。グラマラスだし、しなやかだし」

「そんなの若いからよ!」
「そうじゃない。君はもう・・・、引っ掛かるんだ」

「『君は最高だ』って言ってたくせに!」
「確かに君は最高だった。この前までは」


ありがとう、ベティナルディ。君の事は決して忘れない。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年11月24日 (水) | 編集 |
今日のお題はパンツです。残念ながら下ネタではありません。

洗濯物の中から、息子のパンツを探していました。息子は二人いて、探しているのは弟のパンツです。しかし、洗濯物の山の中を探せど探せど弟のパンツは見つかりません。兄のパンツばかりです。どれもこれも兄のパンツじゃないかと嘆いていると、息子たちの母は兄のパンツを掴み、「これが弟のパンツ」と言うのです。「よく探しなさい」と。

ですがどうみてもそれは兄のパンツです。よく見慣れた柄・色の兄のパンツなのです。いや、兄のパンツだったのです。今は弟のパンツなのです。いつの間にかおさがりで弟のパンツになっていたのです。

ここで私の記憶は少々混乱し始めます。突然「兄のパンツ」が「弟のパンツ」になるのです。頭の中の記憶を書き換える必要があります。確かにそれば「兄のパンツ」でした。でももう「弟のパンツ」なのだと認識を改める必要があります。

話はがらりと変わりまして、例えば、うまいと評判のラーメンを食べに飲食店街に行ったとします。数あるお店の中から「ラーメン」という文字や、ラーメンに関係する絵柄などを探してみつけようとするでしょう。逆にその時食べたくない、興味が無い、「カレー」とか「とんかつ」とかは視界に入っても余り気にしなくなりがちです。ところが、うまいと評判のラーメンは、実は飲み屋さんの隠れメニューのラーメンだった場合、そのラーメンを食べることができる確率はかなり低くなるでしょう。「ラーメンが食べたい」から、ラーメン屋さんではない「飲み屋」は選択肢から除外されてしまうでしょう。間違えて?ラーメンを食べにラーメン屋さんに入ってしまうのです。

自分の過去を思い起こしてみると、やはり自分が見つけようとしているものばかりを探そうとしてしまうことが多かったように思います。既に自分が知っていて、心の中に期待しているものを探そうとしてしまうのです。ですから、探そうとしているものが、期待しているものと似ても似つかないものの場合、なかなか探しものは見つからなくなってしまうのではないでしょうか。手に取ってみても、目の前に出されても、「それは違う」と思ってしまうでしょう。

これは人間の学習能力から考えると自然なことだと思います。過去の体験から学び、環境に適応して繁栄してきた生物の性なのかもしれません。

となると、どうすれば探しものが見つかるのでしょうか。あるいは、見つけやすくなるのでしょうか。

あまり気が進みませんが、ゴルフで例えます。パターに悩んでいるとしましょう。ロングパットが寄らない、パターの距離感が悪い、その解決方法を探そうとする時に、頭の中には既に「自分の知識の範囲内での」答えの候補が期待として思い浮かぶでしょう。「ストローク」「振り子」といったキーワードが期待された言葉として準備され、それらの準備に基づいて期待した答えを探すわけです。「ロフト」だの「球を潰す」だの「ヘッド重量」だのは頭の中では「パット」と関係が無い、関係が薄い言葉として分類されているか、そもそも頭の中に無かったりするか、探す対象にはなり難くなるでしょう。となると、期待している範囲で期待に一番近そうなものを「答え」としてしまうかもしれません。が、本当に求めている答えは期待している範囲「外」にあるのかもしれませんから、根本的な解決になるとは限りません。期待しているのは、すぐに試せて、すぐ効果・結果が出る、対処療法的なことになってしまいがちなのではないでしょうか。


数日後、またパンツを探すことになりましたが、やっぱり弟のパンツは見つかりません・・・。兄のパンツばっかり。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。