ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年10月29日 (金) | 編集 |
今日の豆知識。バトルスピリッツのコアは3歳児が鼻に入れると取れなくなることがある。

そう言えばハミングバードの近くの練習場がいつの間にか現金不可でプリペイドカードオンリーになってましたね。時代の流れでしょうか。

先週はいつもと違う練習場に行ってみました。以前はよく行っていたのですが、他の練習場のレンジボールよりも軟らかいレンジボールを使っているようで、フェースにひっついた球が取れないような感覚が多くなるにつれ足が遠のいた練習場です。なのにどうしてそこに行ったかというと、レンジボールが代わったらしいという噂を聞きつけたからです。車で通りがかるとボール入れ替えのノボリがたくさん立っていました。しかも、全球コースボールに入れ替えと書いてあります。もうこれは行くしかないと行ってきた次第です。ですが、受付を済ませて打席で球を出してみると、今までと一緒の外観の球です。新しいようにも見えません。練習場内にもボール入れ替えのポスターがあったのでよく見てみると・・・。

今週入れ替え予定でした。高まったモチベーションは高所から落ちた分勢いがついてマイナスまで一気に落ちました。泣きながらアプローチとパットの練習をしてとっとと帰りました。今週また行こうかと思ったら、台風?

モチベーションが一気に落ちたと言えば、随分前にもありました。特にオチも無い昔話です。

何年くらい前でしょうか。まだ市販のクラブを使っていた頃、かなり練習へのモチベーションが高く、土日だけでは飽き足らず、平日も暇を見つけては練習に行っていました。がむしゃらに練習すれば上手くなれるイメージがあったので、とにかく練習したかったのです。練習量とコースでの結果は必ずしも比例しなかったように思いますが、結果が悪いと「今回はあまり練習できなかった」と言い訳していました。

どうして練習量を増やせば上手くなるイメージを持ったのでしょうか?練習は大体7Iで始めていました。打ち始めはうまく打てません。ゴルフをやり始めのころはスライス、後にフックが多かったと思います。球数が増えていくと段々とそれなりに打てるようになります。「最初は上手く打てない。数を打てば上手く打てるようになる」これが「たくさん練習すれば上手くなる」と思った理由だったのではないかと思います。それが段々と「上手くなるにはたくさん練習しなければならない」と強迫観念のようになっていき、練習量の確保が課題となりました。

暇さえあれば練習に励んでいたある時、切り返しでシャフトを撓らせると飛ぶということを発見してしまいました。今思うと破滅への序曲だったのですが、当時の当人にとっては大発見です。モチベーションは当時ピークを迎え、レッスン書や雑誌で関係しそうなものを読み漁ると確かに体感したようなことが書いてありました。それで何だか自身がついて、シャフトを撓らせる打ち方を集中的に練習しました。切り返しでシャフトを撓らせるということは、切り返しでヘッドに力が掛かる必要があります。自然とテイクバックが速くなったと記憶しています。そして切り返しからインパクトまでも速くなります。速く動かざるを得ないと言った方が合っているかもしれません。これも段々と「速く動かなければならない」となっていきました。それでまあそれまでよりは飛んだものですから、「飛ぶようになった→ヘッドスピードが上がった→ヘッドスピードが上がる打ち方だったんだ」更に自身を深め、一層練習に熱が入りました。

恐らく、自分で普通に出せるヘッドスピードを超えていたと思います。当時でH/S40くらいだったのが、42,3は出ていたかと思います。せいぜい40の人が42,3を出す動きをするというのは、かなりしんどいことです。それだけでも体には負担なのですが、切り返しでシャフトを撓らせるのは関節にも影響がありました。市販のクラブですから、シャフトはかなり硬いのです。フレックスは目安にしかなりませんが、Rでも硬く、その硬いシャフトが撓るのですから、支えている部分には相応の負荷が掛かります。手首・肘・肩などの筋肉では支えきれません。可動域の限界点、もうこれ以上関節が曲がらないというところまで伸ばして支えることになります。更に腰も捻り、絞った雑巾が硬くなるように体を捩ってそれ以上動かなくすることで切り返しの力を支えるのです。そんなことを頻繁に続けていたら、肘が痛むようになりました。

痛むと言ってもまだ軽度だったので練習は続けていました。飛ぶのが楽しくてドライバーで打つ球数が増えていったのですが、切り返しの負荷に耐えられなくなったのか、ついにドライバーのシャフトが折れてしまいました。まさかシャフトが折れるとは思っていなかったので保険に入っていなかったですし、市販の型落ちの不人気品ですし、中途半端なフレックスとロフトでしたから新品でも中古でも同じものは見つかりません。ここがクラブ探しの迷宮の入り口でした。やる気になっていたので一日でも早くドライバーを打ちたかったのですが、フレックスやロフトが同じ、別のメーカーのものでも試打してみると同じようには打てません。探せど探せど同じようなドライバーは見つからず、そうしているうちに、試してみてもそもそもどういうのが同じようなドライバーなのかもわからなくなり、とりあえず簡単で飛ぶと当時評判の有名なメーカーの市販のものを選びました。見た目もカッコイイし練習もやる気が出ます。練習しているうちに新しいドライバーにもなれてくると、今度はアイアンが気になってきました。

「ドライバーがカッコイイのにアイアンは無名なものでカッコワルイ」
「ドライバーが調子よくなるにつれ、アイアンが不調になってきた」
「このアイアンはあっていないに違いない」

と勢いに乗ってアイアンも買い換えることに。軽量スチールが一世風靡していた頃でしたから、価格もカーボンより安かったこともあり、迷わずカッコイイ有名メーカーの市販品の軽量スチールのアイアンを買いました。買ってしまったのです。アイアンは買う前に試打していたにも関わらず手にしてみると、「本当に同じものなのか」と疑りたくなるくらい全然当たりませんでした。でも買ってしまったらもう後には引けません。どうしても上手く打てないので、「ドライバーとアイアンは打ち方を変えなければダメなんじゃないか」と思いはじめました。そう書いてある本を見つけたりすると本当にそうなんじゃないかと思えてきました。自覚はありませんでしたが、アイアンの球の位置は徐々に体の中央よりも右寄りになっていきました。軽量スチールのアイアンはドライバーよりもかなり速い動きを要求されている気がして、トップから球が遠いと不安になり、もっと近づけたかったのかもしれません。また、軽量と言えどもスチールはかなりしならせるのが困難で、勢いをつける為にテイクバックも相応に速くする必要がありました。アイアンだけ他のクラブよりも速く動いて打つので、常に120%の力を要求されているみたいでかなりしんどかったのです。それでも練習すれば最初のうちは上手くなっていったので夢中で練習しました。最初のうちだけでしたが。こうしてドライバーとアイアンの打ち方には差が開いていき、どちらかが良ければどちらかが悪い、双方中途半端なときはスコアがよく(気分は良くなく)、どちらかがよいときはどちらかは悪くなるので大叩きになることが多くなりました。ドライバーがナイスショットだとアイアンのミスが多くなり、短い距離のフェアウェイにある球にプレッシャーを感じるようになりました。スコアのためにはアイアン、とアイアンの練習に力を入れればドライバーは飛ばないのにOB連発、飛ばないドライバーのせいで出番が増えたフェアウェイウッドはティーショット以外はチョロチョロして当たらなくなり、そうだ便利なものがあるじゃないかとユーティリティ導入するも更にドライバーは飛ばなくなり、むきになって振ってまたドライバーのシャフトが折れ、「折れたのはシャフトが軟らかすぎたからだ」とSフレックスのドライバーを買い・・・。もっと飛ばなくなり・・・。

スコアに救いを求めるもアプローチはシャンクが出るようになり、頼みのパットも入らなくなり、流行の大型ヘッドのパターを買うもひっかけるようになりショートパットが恐くなってしまい、そうこうしているうちに肘の痛みが限界に達して迷宮深部で朽ち果てるのを待つばかり、と。

こんなのがゴルフなの?ちっとも楽しくないじゃない!
うまい人は楽しそうだけど、自分がやったら楽しくなさそう・・・。
傍から見ていると真似できそうにないし無理にやりたくないし・・・。プロはもっと真似できそうにない・・・。真似できたとしても、それが本当に楽しいのか・・・。

一緒にゴルフを始めた友人たちも、一人減り、二人減り・・・。スキーやテニスに夢中になり、ゴルフをやめてしまいました。

運動能力を競ったり、体を動かす爽快感を求めるなら他のスポーツの方が楽しいんじゃないの?
ゴルフには別な楽しさがあるんじゃないの?

疑問は増すばかり。最終的には「今自分がやっているのは本当にゴルフなの?」という疑問が頭の中をもやもや漂うようになり、今思うと、まあよくゴルフをやめなかったなと感心するほどです。逆にそこまで堕ちたからよかったのかもしれませんね。
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年10月12日 (火) | 編集 |
タ! ト! バ! タ・ト・バ タットッバー♪


今度の仮面ライダーはかなりよい感じです。

物語としては?なのですが、変身ベルトがとってもよいのです。

ベルトラインに対して、変身の為のメダルをセットする部分が斜めに傾いています。斜めです。

しかも、斜めに傾いたレールに合わせて、オースキャンというスキャナーを滑らせて、3個並んだメダルを1つずつスキャンしていくのです。レールに合わせて滑らせるのです。

1つスキャンする毎に効果音が鳴るのです。自然とスキャンさせる動作は等速になるでしょう。等速です。

何が何だかわかりませんが、球を打つときにつぶやいてしまいそうです。

「タカ!」「トラ!」「バッタ!」

タ! ト! バ! タ・ト・バ タットッバー♪
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年10月10日 (日) | 編集 |
よい天気の日に広々としたコースで球を打つのは本当に気持ちがよい! それがナイスショットなら言うことなし!ゴルフにはまる理由のひとつかと思います。

その為には練習練習!ということで練習場に通うのですが、ゴルフは他のスポーツと異なり、コースとは似ても似つかないゴルフ練習場なるところで練習する人が大多数なようです。「フラットなライでマットの上から練習用のレンジボールで打つ」練習場と、「様々なライの芝やラフやベアグラウンドや砂の上からコースボールで打つ」コースというのは経験すればえらい違いなのですが、なんとなく皆そうしてるから練習場で練習しているとコースでも上手くいくような気がして足蹴しく練習場に通ってしまう・・・。で、段々と効果が無いのを自覚して行かなくなってしまう・・・。何とももったいないことをしていました。

ゴルフの場合は練習場とコースは大きく異なる・・・。であれば、練習場で、レンジボールでどのような球を打つと、コースで、コースボールでこういう球になる、というのを理解して練習する必要があるようです。レンジボールで飛ばしたり、ナイスショットを打つことが練習ではない、となると何だか練習するのが辛いような気がしてしまいます。しかぁし、重いヘッドと軟らかいシャフトのクラブであれば、逆に楽しくなるのです。

結果としてみると、重いヘッドと軟らかいシャフトのクラブでレンジボールを潰して打てば、上手く打てれば失速してしまう、ドロップしてしまうのですから、結果のみを見るとストレス溜まるかもしれません。しかし、練習場は練習する場です。練習でどんなにひどい(ひどく見える)球を打とうが、コースでペナルティを受けることはありません。結果で無ければ何を求めるかというと、やっぱり感触なのではないかと思うのです。球を潰した感触はとても気持ちのよいものです。球を潰した感触は直接打った本人に伝わるのですから、結果のように惑わされることがありません。

感触は間違いなく本人に伝わりますが、本人にしか伝わらないので、きっと周りの人はニコニコしている当人を見て「???」となるでしょう。逆にレンジボールでよさげな球を打つと、本人は「アレ?」となってしまいます。この感触に加えて、コースでは飛距離やスピンのおまけ(!)が付いてくるのですから、球を潰すのは、やめられない止まらない、のです。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年10月03日 (日) | 編集 |
今回の日銀砲はショボかった・・・。


スポーツの秋です。暑さでだらだらしていた人も、動き出します。
練習場もやる気を出している人がたくさんいるようです。

フルショットでもアプローチでも、一球潰すと至福の時間の始まりです。潰れた感触は気持ちも柔かくしてくれるような気がします。

前のアイアンと比べて、今のアイアンはロフトが寝ているようです。最初は前のアイアンより球が高めでしたが、だんだん同じくらいに落ち着いてきました。練習場での飛距離は若干落ちているようです。ですが、たまに混じっている本球を打つと、前のアイアンよりも飛んでいます。レンジボールと本球の飛距離の差が広がっているような気がしますが、気のせいかもしれません。

以前は練習場で飛ばないのが気になっていました。フック系の球が出ると、曲がりはしますが飛ぶので少し嬉しかったのです。また、擦り気味に打ってもやはり飛ぶのでこれも嬉しく、練習場ではニコニコでした。ですが、コースではもっと曲がり高く上がって飛ばないので、「アレ? 練習場ではあんなに飛んでいたのに・・・」となることが多かったように思います。

練習場とコースで結果が違うならば、練習場でよい結果を出すことの意義が薄れてしまいます。また、コースでよい結果、よい球を打つには、練習場でどういう結果を出し、どういう球を打つのがよいのかがわからなければ間違った練習をしかねません。練習場で飛ばないからと言って、練習場で飛ぶ球を打とうとすると、ヒッカケる、擦る打ち方が正しいと判断しかねません。練習場では少しヘッドを球より手前に落とせば引っ掛けて飛ぶかもしれませんが、コースではダフるでしょう。レンジボールでスピンが足りずに失速するからと言って擦って打てばコースで高く上がりすぎてしまうでしょう。練習するのもなかなか難しいですね。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。