ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年05月31日 (月) | 編集 |
久しぶりにアプローチ練習場に行きました。
芝から打ったのも、前にコースに行った時以来。もう完全に芝の感触を忘れていました。

ブランクはあまり関係ないようですが、やけにアプローチが飛んでしまいます。
確かに体が正面を向くのが早すぎて打ち急いでいる感はあります。それでもAWは飛びすぎなような。
スピンは効いているようなので、贅沢な悩みなのかもしれませんが・・・。

いっそのことアプローチはSWにするか。打感とスピンは魅力だが、距離が安定するほど打っていない・・・。

それともAWのままでいくか。安心の一本。飛んでしまうことを計算に入れれば距離は合うはず・・・。

あるいはPWに戻すか。安全第一。でもたまには変えて遊んでみたい・・・。

もう一本足すという手も・・・。間に合わないけど・・・。

本当に贅沢な悩み。
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年05月24日 (月) | 編集 |
直ったどー。


今回の故障は流石に諦めかけましたが、あっさり直ってしまいました。つまらない内容なので読まないほうがよいでしょう。いつの日か役に立つ時が来るかもしれませんけど。

今回も前回の故障に似ています。青い画面になにやらメッセージが出て起動しなくなる問題です。

STOP: c0000218 Unknown Hard Error

巷では「死のエラー」と呼ばれているとか(怪談にはちょっと早い季節・・・)。色々原因があるようですが、今回NB75H/Tで発生したのは、レジストリの書き込み失敗が原因のようです。根本的な原因はわかりません。たまたま書き込みに失敗したのか、経年劣化によりHDDの書き込み速度が低下してきたのか、まったく別の問題か・・・。chkdskしてみましたが、不良セクタは見つかりませんでした。

まあ、毎年暑くなり始めの時期はトラブルに見舞われていますし、このノートパソコンの廃熱に問題があるのも承知していますし、とっくにお買い替えの時期が過ぎているのに騙し騙し使っているような状況ですから、この記事を書いている途中で壊れても不思議ではありません。

パソコンが2台あれば復旧も楽ですから、今年こそ本気でパソコン買い替え計画を検討することにしましょう。

今回の復旧方法もメモ代わりに書いておきます。レジストリですから同じNB75H/Tだからといって同じ方法で直るとは限らないのですけど。

ちなみにMicrosoftのHPにあるレジストリ復旧方法は、WINDOWSがプリインストールされているパソコン(今時大体そうだと思いますが)では使えないようです(ひどい話だ・・・)。とどめを刺すことになりかねませんので、やるなら覚悟が必要です。

1) まず内臓のHDDのデータを外付けのHDDにコピーします。
 「リカバリディスク」という紙のCDケースに入っているサポートディスクをドライブに入れて再起動します。多機種では起動ディスクと呼んでいるかもしれません。無くてもCD-Rで作成可能です。
 BIOSでCDから起動を最優先にしておくとよいかもしれません。起動できたら、copyコマンドで取っておきたいデータ(My Documentとか)を外付けHDDにコピーします。急がば回れ。

2) 次に、元に戻すレジストリを探してコピーします。System Volume Informationというディレクトリにレジストリのバックアップが保存されています。このディレクトリはデフォルトでは見えません。マイコンピュータ(explore)で見ても見つかりません(見るためにはフォルダオプションの「保護されたオペレーションシステムファイルを表示しない」のチェックを外す必要あり)。ですがcmd.exeからは移動できます。WINDOWSがインストールされているドライブをここでは仮にF:としますと、下記のようにタイプします。

 cd F:\"System Volume Information"

ディレクトリ名に空白がある場合は、ダブルクォート(")でくくります。dirしても何も表示されません。オプションが必要です。

dir /a

_restore{なんちゃら}というディレクトリがあるので、cdします。なんちゃらの部分は機種毎に異なるはずです。

cd _restore{なんちゃら}
dir /a

するとRP* というディレクトリがたくさん見つかります。日付が一番新しいものが最後に保存されたものです。最後に保存されたものが使えなかったら、その前、その前と遡っていくことになるでしょう。今回は幸いにも最新のもので復旧できました。

cd RP*
dir /a

下記の5つのファイルをコピーします。コマンドプロンプトでファイル名補完(Tabキー)を使う場合は気をつけてください。予期せぬ補完がされて、重要なファイルが上書きされたり名前が変更されては助かるものも助からなくなってしまいます。

cp _REGISTRY_MACHINE_SAM F:\WINDOWS\system32\config
cp _REGISTRY_MACHINE_SECURITY F:\WINDOWS\system32\config
cp _REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE F:\WINDOWS\system32\config
cp _REGISTRY_MACHINE_SYSTEM F:\WINDOWS\system32\config
cp _REGISTRY_USER_DEFAULT F:\WINDOWS\system32\config

configに移動します。

cd F:\WINDOWS\system32\config

エラーになるレジストリのファイル名を変更します。補完に注意してください。

move SAM SAM.bak
move SECURITY SECURITY.bak
move SOFTWARE SOFTWARE.bak
move system system.bak
move default default.bak

コピーしてきたレジストリのファイル名を変更します。補完に注意してください。

move _REGISTRY_MACHINE_SAM SAM
move _REGISTRY_MACHINE_SECURITY SECURITY
move _REGISTRY_MACHINE_SOFTWARE SOFTWARE
move _REGISTRY_MACHINE_SYSTEM system
move _REGISTRY_USER_DEFAULT default

exitして再起動しておしまいです。CDを取り出し、どきどきしながら起動画面を見つめましょう。
テーマ:パソコンな日々
ジャンル:コンピュータ

2010年05月24日 (月) | 編集 |
またまたパソコン壊れました。

さすがにもう復旧は無理かも知れません。
次はノートはやめようかな・・・。
テーマ:パソコンな日々
ジャンル:コンピュータ

2010年05月20日 (木) | 編集 |
書くタイミングを逃してしまった・・・。


ですから、垂直方向はヘッドが落ちる分、水平方向
はクラブによって替えられてしまう向きの分
を加味しないと、さらに行き過ぎてしまうのではないですか。
やはり。そして、アドレスのときの体からヘッドまでの距離で
す。撓りのトゥダウン分と遅れ分を差し引き、ヘッドが到達すべきゴールは。きっと
みた目は近づくように感じても体が先に動くと言うことは、
なかなかクラブがゴールから遠ざかることになるということを理解できませんでした。
さきに右手でクラブを動かす、速いってことは、近
いってこと?手が体から離れるのは、水平方向にゴールに近づいてから
。その前に離れると、きっと回転が始まっちゃうんだ。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年05月17日 (月) | 編集 |
素人に危機管理はできないという見本みたくなってきた・・・。


見えないというのは結構恐くて、水道水も浄水器を通した水も見た目で区別はつかないのです。

交換するものだということを忘れるくらいフィルターを交換していなかったマーフィードの浄水器、とっても重宝しております。アクアリウム始めるなら水槽と一緒に浄水器を買った方がよいと思うくらい重宝していて手放せません。

先日、何気なくフィルターを通した水をエビ水槽に入れると、エビが踊りだしました・・・。

そして、動かなくなり、横に倒れました・・・。

塩素が残留していたのか、フィルターから逆に染み出してきたのか、わかりませんが、エビさん、ごめんなさい。これで恐らくバクテリアもダメージを受けているはずです。私もかなりダメージを受けました。

そう言えばもらってから一度も交換してない・・・。フィルターを交換しなくては・・・。

夜だったので開いている店に行きました。そのお店、マーフィードの浄水器は売っています。が、「交換フィルターは置いていません。取り寄せになります」とのこと。浄水器は売っていても交換フィルターは置いていないとはこれいかに。泣く泣く通販で買うことに・・・。何かがおかしい・・・。

昨日交換フィルターと専用のレンチみたいなやつが届いたのでさっそくフィルターを交換しました。

レンチみたいなやつにフィルターが入っている容器を入れて回すのですが、

「びくともしない・・・」

水圧が掛かるからかゴムだからか、私の力で回せる気がしません。透明な容器から見えるねじ山を何度も確認しましたが、人力では動かせませんでした。

仕方が無いので原始的にレンチみたいなヤツの持ち手をハンマーでガンガン叩いてようやく外せました。もうこの時点で汗びっしょり。いい汗かいたー。

フィルター交換したてはゴミがでるらしいので適当に水を通して交換完了です。次は忘れずに1年くらいで交換することにしましょう。
テーマ:熱帯魚
ジャンル:ペット

2010年05月09日 (日) | 編集 |
ゴルフネタではありません。


4月はかなり寒かったので育ちの悪かった枝豆が、5月の陽気(妖気ぢゃないっ!)でかなり成長してきました。一時期は発芽したものの雨で地面に倒れていた芽が起き上がって成長しています。枝豆すごいよ枝豆。

去年の失敗(収穫時期を逃して種になってしまった)もあり、今年は色々なものを育ててみようかと画策中です。意外とよかったのが包菜(つつみな)、サンチュです。野菜嫌いさんにも受けがよく、普段は食べないのに争ってちぎって洗って食べています(珍しいだけかもしれませんけど)。同様にバジルもよさげです。後は小松菜はまだ種をまいておらず、きゅうり、ミニトマト、ピーマン、ブルーベリーなど目白押し。

スペースの関係で全部プランター、土は買ってきたものですが、これに水槽の換えた水を塩ビパイプか何かで半自動くらいであげられるようにするのと、カブトの土も含めて、土を自分で作れるようにすることがとりあえずの目標です。

いつの間にか日当たりのよい場所に芝が生えてしました。ふさふさにならないかなと期待していましたが、まばらなままで、簡単にはフェアウェイのようにはなりません。こっちはまめな手入れが必要そうです。
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用

2010年05月08日 (土) | 編集 |
米市「いいや、限界だ!押すねッ!」
バイツァダスト発動で時間が戻りました。


ワイングラスの続き・・・かな。GWも終わり、かなり暖かくなってきました。となれば練習です。

体の正面にクラブを収め、シャフトと手首の角度も保てれば球が捕まってくるのではないかと思います。クラブヘッドだけを動かしても、体の向きだけを変えても、体の正面にはクラブが収まらなくなります。さらにクラブヘッドと体の距離にも気をつけると、捕まりだして重かったインパクトが、軽くなるのではないかと思います。捕まらなくて球がフェース面を滑ってしまって軽い→捕まりだすと球から受けた衝突エネルギーが伝わってきて重い→ヘッドから球に与えるエネルギーが大きくなるとまた軽くなる、のでしょうか? クラブが体の正面に収まっていても、クラブヘッドが体から離れる時期が早い、あるいはグリップが体から離れる時期が早いと、重くなるように思います。クラブヘッドが早い時期に落ちてしまえば、それだけ位置エネルギーは失われてしまい、球を弾き飛ばすエネルギーが少なくなり、球から衝撃を受けやすくなるのでしょうか? それとも、早く落ちてしまうと、人力で球までヘッドを運ばなくてはならなくなり(振り子?)、人力の操作が衝撃を感じやすくしているのでしょうか? 確かに、クラブヘッドが早い時期に落ちてしまうと、手よりもヘッドがかなり動いてしまうのでディッシュアングルを保てなくなるようです。更に腕がインパクトよりもかなり早い時期に伸びきってしまい、球に届かせるにはインパクト前に骨盤を体の正面よりも左に向けさせられるような回転の動きを強制的にさせられているようにも感じます。前に教わった「腕が伸びきるのは一瞬」は、グリップを体の近くに通せば勝手にそうなるようにも思います。ディッシュアングルは球を打ち終わった後も保つくらいの気持ちでちょうどよいのかもしれません。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年05月06日 (木) | 編集 |
渋滞やなんやでお疲れ様です。


唐突に東京ドイツ村なるところに行ってきました。千葉にあるのに東京ドイツ村。ドイツ村と行っても私の心を捉えたのはぐるぐるソーセージのみで、ドイツ村という名前で損している気がしなくもない、それほどドイツに求心力があるのかよくわからないところです。

ドイツ村最大の特徴は、広さです。入場ゲートから見える車の数からするとGWお決まりのかなりの混雑に思えたのですが、中に入ると人はまばらです。人が少ないのではなく、広いから混雑しているように見えません。乗り物もちらほらありますが、おそらく最大の魅力は広い芝生の遊び場でしょう。そりができる傾斜や砂場、遊具もあります。端から端まで走り回ると疲れてしまうくらい広いので、子供達ははしゃぎまくりです。芝生と砂場というと、思い出すのはやっぱりゴルフ場・・・。ドイツ村は元々ゴルフ場を作ろうとしていたらしいです。

ですから芝生はフェアウェイ、砂場はバンカー、ボート池はウォーターハザードの名残のようなのです。それだけでもお父さんのテンションは上がりまくりですが、ドイツ村には更に、関東一?のスケールのパターゴルフコースがありました。パターゴルフというと私は人工芝なやつを思い浮かべるのですが、元々ゴルフ場にしようとしていただけあって、全部芝です。しかも18H×4くらいありました。こんなこともあろうかと、車にはゴルフバッグを積んで置きましたから、スペシャルパターで遊んできました。ラフだけでなく小癪なことにバンカーまでありますが、パターゴルフですからパターでバンカーから出すのです。グリーン(と読んでよいのものか・・・)も二段三段当たり前ですから、ゴルフ好きなお父さん・おじいさんもあちこちで悲鳴を上げていました。やはり家族連れが多く、おじいさんおばあさんお父さんお母さんの4人で回っている人も少なくなく、カップル・親子・学生っぽい若い男女の集団、外国人など、さまざまな方が楽しんでいるようでした。百戦錬磨のおじいさんがカップの周りをぐるぐる回っている傍ら、初めてパターを握ったであろう嫁さんがOKに寄せてきたりして・・・。皆が笑っている光景を見て、日本のゴルフに足りないものを見ているような気分になりました。

スペシャルパターには、ラフもバンカーもあまり関係ないようで、なかなか1打目をオーバーできないであろうこのコースでオーバーさせまくっていました。上りばかりでしたが、やはり下りですね。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。