ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月28日 (日) | 編集 |
最近何球打っても上半身が寒いです・・・。下半身はすぐ熱くなるのに・・・。


タコボウズ候補生募集!

もうすぐ春ですね! あなたもタコボウズ候補生になってみませんか!

・業務内容
 主な業務内容は軽作業と調査です。希望者は平地・山間・海・河川周辺の芝上での長距離歩行との組み合わせも可能です。
 ◆運動時における重量物のベクトルと重力のベクトルとの合成ベクトルの大きさの調査
 ◆衝突時における重量物と測定用ゴム球の音響・衝撃伝播率調査
 ◆衝突後の測定用ゴム球の飛行距離・飛び出し角度・落下後の走行距離・回転数の調査
 ◆砂地での衝突後の測定用ゴム球の飛行距離・飛び出し角度・緑色平地上の走行距離・回転数調査
 ◆緑色平地上の走行距離・回転数調査及び円柱状穴落下テスト

誰にでもできる悶絶です!

・資格
 不要です! 楽しめる方なら誰でもOK!
 物理学(力学)と代数幾何(ベクトルの合成)の知識があると役立ちますが、無くても大丈夫です。

・年齢制限
 ありません! 楽しめる方ならいくつでもOK!

・報酬
 ◆全番手の飛距離増及び精度向上。
 ◆スピンの効き(接地時)向上。
 ◆特にパターの男前度アップ(男前度は相対値です)

・昇格制度あり(階段状)
・経験不問(寧ろ無いほうがよいかもしれません)

大きな水槽で泳ぐ観賞魚と、生演奏のような音楽が楽しめるステキなお店ですっ
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月23日 (火) | 編集 |
次のニュースです。

春の足音が近づいてきました。まだまだインフルエンザの勢いが衰えませんが別の感染症も流行の兆しを見せています。タコボウズ症候群という新しい感染症です。本日はタコボウズ症候群に詳しいwさんにお越しいただきました。

「タコボウズ症候群は感染力がとても強く、中毒症状が出ます。私はもう十年この病気の研究を続けております。最初の感染者は横須賀で発見され私も何度か診たのですが、どうやら症状が多様で、なかなか感染に自覚がないまま他の人にうつしてしまうケースが多いようです。」


それは怖いですね。予防するために何か私たちにもできることはないでしょうか?

「もちろんあります。タコボウズ症候群を正しく理解することで、誰でも予防することができます。」


ではまずタコボウズ症候群について説明をお願いします。

「タコボウズ症候群はヘッドの持つエネルギーを高効率で伝達してしまう恐ろしい病気です。症状は様々です。フェアウェイ突き抜けや打ち込み、セカンドOB等、命に係わるものから、飛ばす癖にフェアウェイキープ率がやたら高い、アイアンがピンに絡む、アプローチがやたら寄る、パットが必ずオーバーする等、同伴者にじわじわダメージを与えるものまで、多種多様です。」

同伴者も気をつけなければいけませんね。


「さらには、やる気がないスウィングになったり、Wニッケル等の重い金属に執着を示したり、卑猥なことを口走ったり、突然笑い出したり、『クラブの声が聞こえる』といった幻聴のような異常行動が出る場合もあります」

周囲に迷惑をかけてしまいますね。


「動物からの感染も確認されています。感染した熊などは一見温和に見えても凶悪な球を打ちますから、油断していると危険です」

熊にも感染するのですか。人間だけではないのですね。


「動物の感染例はまだ少ないのですが、今後被害が拡大する恐れもあります。タコボウズ症候群は潜伏期間も様々で、平均すると三ヶ月から半年程度と他の感染症に比べて長いのも特徴です。中には数年という例もあり、未確認ですが即日という場合もあるようです」

感染に気付かない場合も多そうですね。


「はい。せっかく感染した・・・、いや、感染してしまっていたのに気付かずに自然治癒してしまう例も少なくありません。」

予防するにはどうすればよいのでしょうか?


「まず、ヘッドが軽い硬いシャフトのクラブを使うことです。そうすればまず感染しません。幸運にも・・・、いえ、不運にもヘッドが重いクラブを使った場合は感染率が非常に高くなります。シャフトが軟らかければ最高~・・・、失礼、最悪です」

クラブで予防できるのですね。それなら我々も簡単に予防できそうですね。


「はい。しかし、軽度ですが鉛を介した感染例もあると聞いていますので、楽観視できません。クラブの使い方にも気をつける必要があります。インパクトロフトを立てるような行為は推奨、いや厳禁です。ロフトを寝かせていれば怪我の危険はありますがタコボウズ症候群には絶対に感染しません。」

なるほど、使い方にも注意が必要ですね。


「・・・。そう、です。信じがたいことに、動画視聴やブログ閲覧による感染の報告もあるのです。まさにリングの呪いのビデオのようにタコボウズが画面から・・・」

ははは、御冗談を。


「・・・。冗、談、では・・ない・・・です・・・・・・。」

ど、どうしました? 顔が真っ青ですよ。


「ど、・・・どうやら・・・、私も、既に・・・、感染して・・・、いた・・・、ようです」

う、うわー!!!


<し ば ら く そ の ま ま で お ま ち く だ さ い>
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月20日 (土) | 編集 |
「ゴ」「ル」「フ」、しようぜ・・・。


冬は寒くて調子が出ない人が多いからか、球を打つと痛いからか、あまり球を打たずにスウィング論に花が咲く人たちが増える気がします。そんな中、黙々と球を打つ、のではなく一人で笑っているのが私です。近くの打席の人、薄気味悪くてごめんなさい。

今日は左足で受け止める練習でもしようかと思っていたのですが、のっけからクラブが動き出してしまい、笑いが止まらなくなってしまったのです。鉛効果でしょうか、下山の御利益でしょうか。

でも、まだ上手く左膝で受けられないので空振りです。30分経っても球がちっとも減りません。ついつい習慣で百球買ってしまったので、まだまだ球はたくさん残っていました。さて、どうしましょうか?

壱)ひたすらアプローチしてとにかく球を減らす。今日はアプローチの日。
弐)クラブが動いてしまうのはさておき、予定通り左膝で受け止める練習をする。初志貫徹。
参)空振りは格好悪いし精神衛生によくないので、とにかく球に当てるようにする。せっかく球を打ちに来たのだから精神的に満たされて帰りたい。

いやいや、せっかくクラブがばしばし動いているのです。これはきっとチャンスです。もっともっと動いてもらいましょう。ということは、今日はずっと笑いながら練習し続けることになります。笑う角には福来る。隣の客はよく柿食う客だ。

しかし何故急にバシバシ動くようになったのでしょうか? 動く、動かない、そもそも動くとは?

クラブが動くのは、きっと動く方に力が働いているからです。動く速さのピークを迎えるころには、重力の方向への動きが支配的になっているのではないかと思います(嘘かもしれません)。トップでは、正しくクラブを上げていれば、インパクトの時にあるべきクラブの方向にヘッドのベクトルが向くのでしょうか。クラブがどちらに動くかの分岐点、弧を描き遠回りする、球とは反対方向の道は、通り慣れてはいますが苦い経験が多い茨の道。でも世間一般ではこちらと通る人が多い? もう一つの道、球の方向の道はまるでドラえもんのどこでもドア。扉を開ければもう目的地。どこでもドアが本当にあったら、現実だったら、最初に使うときは躊躇するかもしれません。こちらの道を通るには、1センチ、いや1ミリ、1ミクロン、1ナノメートルは言い過ぎ? とにかく反対の道の方にベクトルを向けてはいけないのではないでしょうか(ヘッド重量とシャフトにも寄るのかも・・・)? 浮気せずに、私の方だけ見てっ!とクラブは言っているように思えます。その気は無くとも、きっかけとしてクラブを動かすときに、結果として反対の道の方にベクトルを向けてしまう時もありました(私は何を書いているのでしょうか?)。しっかり意識するのもそうですが、特にクラブを動かす時には、ヘッドを下げる、ディッシュアングルを解く、ということを無意識にやっていることもありました(私は何を書いているのでしょうか?)。さらに、力の入れ具合というか、力を入れすぎてしまうとクラブを動かすときにクラブが体から離れやすくなってしまう?もっと、もっと体の近くに、もっとそばに来てダーリン、な時も(私は何を以下省略)・・・。

ちっとも球が無くならないので、結局残りはアプローチしました(アプローチでも動いた!)

何か忘れているような気がしますが・・・。

テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月15日 (月) | 編集 |
ななんとなんとっ!・・・・・・続きです。


店長さんが手に持っていたものは・・・、鉛です。

「クラブが泣いている・・・。」

い、いつの間にか7Iで打っていました。去年局所的にブームになった鉛、懐かしいです。クラブが泣いているとは?



『そう、その音は・・・。当たり負けの音。』

ぜ、Z-Tさん、いつの間にかお帰りなさい。今日は朝からアキバのメイド喫茶?

『コンデンサは逆差ししてはならない・・・。膨らむ膨らむ・・・。』

新型アンプ作成中でしたか。



「あンた・・・、背中が煤(すす)けてるぜ。」ぴしっ!

私のクラブに鉛がぁ! 更に重くなりました。 

「クラブが、クラブが泣いている・・・。重さが足りないと・・・。トゥダウンが足りないと・・・。泣いている。」

え、そうだったんですか。またかなり重くなりましたが・・・。

「その音なら・・・。今の季節なら10g増やしても・・・。」

もう既にかなり重いですけど・・・。時折ウハウハな当たりになりますです。



『ならば全てのアイアンに・・・。』

難易度4完成ですね。ピアノが生演奏のようです。

『全てのアイアンに鉛を!』トントンチョキチョキペタペタペタペタ~!

Z-Tさん直々に鉛を貼っていただき、スーパーアイアンに生まれ変わりました。やっほい!



「鉛を貼る面は予め清めておくこと・・・。」

そう言えば前に自分で貼った鉛は飛んでいってしまいました。

「鉛は暖かい室内などで貼ること・・・。この時期に練習場で貼ったりしても付かない・・・。」

ひとくちに鉛と言っても、奥が深いのですね・・・。

「後はその重さを左膝で受け止めてあげれば・・・。」

ウハウハ、ウハウハですねっ!



このお話は、かなりフィクションです。登場人物は実際の人物と異なる場合が多々あります。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月14日 (日) | 編集 |
GT-Rに急に前を横切られてスリップしそうになりました。タイヤ交換してなかったらヤバかった・・・。


何やら危険な香りがする代物を、とあるゴルフクラブ屋さんで開発中とのことで、潜入調査してきました。客を装って店内に潜入することに成功しましたが、目当てのものが見つかりません。既に機密保持の為にどこかに隠されてしまったのでしょうか。さりげなく聞き出しますと、どうやら偽装されているようです。復刻版とやらの、それらしきものもありましたが、恐らくダミーでしょう。本物はどこにあるのでしょうか・・・。

ようやく見つけました。巧妙に形を変えて隠されていました。まだ最終形態ではないようです。最近のラスボスのように第三形態くらいまであるのかもしれません。それでも、その恐ろしい性能を完全に隠すことはできません。さっそく手にすると、おっとっと。これは危険、危険ですよ。危険が危ない。迂闊に触れてはいけません。見た目とのギャップが凄まじく、ずっしりきます。足に落とせばただではすみません。ゴルフシューズでなく安全靴が必要かも知れませんよ。振り子? これで振り子? ご冗談を。ありえません。ありえませんて。ベティちゃんならありえても、これはありえません。さりげなく、ブツを持って球の近くに行き、さりげなく打ってみました。と言ってもその迫力に恐る恐る球をなでるように優しく・・・。む、こんなところにも罠が。ゴルフボールと見せかけてピンポン玉が置いてありました。ピンポン玉をのけて今度こそゴルフボールを打ちます。手にとって確かめてみました。確かにゴルフボールです。打ってみましょう。え? た、確かにゴルフボールだったのですが、例のブツで打つと、ピンポン球になってしまいました。しかも曲がる気配すらありません。何と、例のブツはゴルフボールをピンポン玉に変えてしまう魔法の杖だったのです。早速このことをボスに報告しなくてはなりません。足早に帰ろうとすると、店長さんの手にあるものが・・・。

どうやら私はここまでのようです。全てお見通しだったのです。みなさん、ごきげんよう、さようなら。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月12日 (金) | 編集 |

抱卵していたのでプラケースに隔離していたミナミヌマエビの稚エビがやっと生まれました。
ゾエアではなく、最初からエビの形です。2mmくらいでしょうか。



プラケースの中は稚エビだらけですが、まだ抱卵した雌エビが2匹残っています。こまめに水を替えてあげないとえらいことになりそうです。

抱卵した雌エビはツマツマもせずに動かずに隠れていることが多いようです。稚エビを放出したら、ツマツマが始まりました。

エンドリケリーの遠藤さんは、ヒーターのコードに挟まってすねています。最近のお気に入りの場所のようです。かなり臆病なようで、すぐ何かの影に隠れようとしますね。目の前で餌を食べてくれるようにはなったのですが・・・。

CIMG0653.gif
テーマ:熱帯魚
ジャンル:ペット

2010年02月06日 (土) | 編集 |
ぬいぐるみにできる限度を超えてるだろ・・・・・・。


ん~、葛藤中です。

えっ、そうなの? 本当に振らないの? わかったつもりでいても・・・。

振っていたっ!
振ってしまっていたっ!
練習のときもコースでもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもっ!!


実際体感してみても、確かに振る必要はない。十分飛ばすエネルギーはあるはず、なの、だけれども・・・。

振っていたっ!
振ってしまっていたっ!
練習のときもコースでもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもっ!!


振ったら絶対間に合わない、きっとクラブが動き出す前には、その体勢ができていなければ間に合わないのでしょう。と思うのだけれども・・・。

振っていたっ!
振ってしまっていたっ!
練習のときもコースでもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもあのときもっ~!!!

いやー、最高ですね。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月04日 (木) | 編集 |
Zoomは今どうなってしまったのだろうか・・・。



ある女子大生の告白。


この前、久しぶりに、


お風呂で、私の、××ン×を、


じっくり、見たんです・・・。


そうしたら・・・。


何だか変な色になっていたんですっ。


黒くなってきたみたいで・・・。


そんなに使ってなかったんですよ!


臭いも・・・。


少しきつくなってきたみたいだし、


何だか湿っているし・・・。


いったい、


いったい、どうしちゃったんでしょう・・・。


私のス・ポ・ン・ジ。



というわけでエビ水槽用のスポンジフィルターを物色中です。

このように人間の想像力は素晴らしいのですが、困ったこともあります。豊かな想像力で、「こうに違いない」と思い込んでしまう、決め付けてしまうのです。「ヘッド寝かせてないのに・・・。」なーんて言っているそばから寝かせている私がいました。素直に認めなければなりません。気づかなければなりません。「いつどこで寝かした? 何時何分何秒? 地球が何回まわったとき~?」などと悪態ついても直らないのです。重いものを持つとバランスを取ろうとしてしまうのかもしれません。しかし、あの瞬間だけバランスが取れていればよいとしたら、その前はあえてバランスを崩してみると、どうなるのでしょうか。どこかに行こうとするのでしょうか。どこに行こうとするのでしょうか。どこに行かせたいのでしょうか。行こうとするどこかと、行かせようとするどこかが一致したら、どうなるのでしょうか。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月02日 (火) | 編集 |
やっぱり雪だるま作っちゃうよね・・・。


ドライバーはコースでもレンジでも大して変わらないだろうとなめていました。でも一番差があったと思います。気持ちのよい、潰れた感触は一度きり~。

しかし、一番結果がよかったのはドライバーだったりするので、不思議な感じです。球は次が打てる位置におさまっていたので、困ることは無かったかと思います。OBも池も空振りも300ミリメートルも無し。ちょっと寂しい・・・。

多少打ち出し方向が悪くとも、気持ちよい感触ならば距離も出てごきげんなのです。

まっすぐ、そこそこ飛んでいれば困らないのですが、感触が悪いと素直に喜べません。贅沢なのかもしれませんが、やはり、OB打とうが、空振りしようが、まずはきっちり潰して、がっつり飛ばしたいところです。

FWはというと、ダフったりトップしたりで当たったのはやはり一度きり。いまいち潰しきれず、まだまだFW持っただけで「飛ばしたれ~」となってしまうので、慣れるためにもどんどん使っていこうかと思います。

妖気出まくりでしたが、もっともっとクラブに任せていこうかと思いますです。うーん、レポートになっていませんね。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2010年02月01日 (月) | 編集 |
雪なので、閑話休題的にエビネタです。




結局、抱卵したミナミヌマエビ(シナヌマエビ?)は3匹でした。お腹の黒い粒粒が卵です。あちこちにある透明なのはただの水泡。メダカ水槽ではウィローモスに擬態していたのか、緑色でしたが、プラケースに入れたら底砂の色に変身しました。

エビだらけになることが予想されますが、川でもエビを取ってしまいました。



ピンボケで何が何だかわかりにくいですが、透明なエビです。釣り餌で売っていそうなエビです。網ですくっても取れたのか取れなかったのかわかりにくいほど透き通っています。

メダカは勘違いだったようなので、メダカ水槽に戻りました。
テーマ:熱帯魚
ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。