ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年12月29日 (月) | 編集 |
店長さん寝ていないというのに、朝から晩までお邪魔してしまいました。コブラの1WとFW、急ぎで作っていただきました。これで全てF5で揃いました。さっそく長野のSさんと練習場に行って打ってきましたが、FWはかなり良い感じで、気持ちよい打感でした! 1Wはプッシュスライスの続きという感じですが、これから頑張るしかありません。ほのかに硬いかもしれないので、鉛を2gほど貼ってみたらとアドバイスいただきました。

昨日は年末ということもあって、お客さんがたくさんいらっしゃっていました。

また変なこと書きやがってと言われそうですが、書いてしまいます。

色々教わって消化不良でもう既に忘れかけていますが、年末できそうなアプローチです。前にも書いたような気もしますが、フェースの傾きが変わってトップするのは、ダウンで球の方向に胸を向けない、肘や手首が伸びるのが早すぎてダフったりするのは、クラブをスライドして腕が延ばされるまで肘や手首の傾きを変えない、ダウンで動きが速くなってしまうのは、フェースを見続ける(速くなるとフェース面の残像しか見えない)ことでコツが掴めたような気がします。これをフルショットでもやれるようにするのは来年までの宿題ということで、年末年始はアプローチしかできないでしょう。

そうそう、ほとんど仙人と化しているらしいあの方のライバル?の方用の振動数7つ落ちの逸品もありました。

長野のSさん、ご一緒できて楽しかったです。またお会いしましょう。お土産ありがとうございました。
Tさん、初対面で色々教えていただきありがとうございます。
店長さん、色々戴いてありがとうございます。同じことを何度も教えてしまい申し訳ありません。

帰りが遅くなってしまいましたが、家族のほうは何とかフォローできたようです。
スポンサーサイト
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年12月29日 (月) | 編集 |
ハミングバードスポルテでウィローモスとろ材、そして重金属も取れる浄水器を戴きました。

ウィローモスをさっそく水草水槽とメダカ水槽に入れました。とりあえず入れただけなのでぷかぷか浮かんでいます。流木にくくりつけるのが定番でしょうが、浮かべておくと小さめのネオンテトラが入ってきて楽しそうです。餌のときにも小さな魚はなかなか餌を取れないのですが、ウィローモスを浮かべておくと大きな魚は中に入ってこないので、小さな魚もゆっくり餌を食べれています。水槽内がウィローモスだらけになってしまいましたが、他の魚を攻撃しがちなペンギンテトラがおとなしくなりました。

ろ材は上部ろ過に入れました。スポンジがあるのでたくさん入りません。スポンジをいきなり取ってしまうとバクテリアが心配ですから、今日は少しだけにしておいて、徐々にスポンジをちぎってろ材と入れ替えることにしました。

浄水器は来年試してみたいと思います。
テーマ:水草水槽
ジャンル:ペット

2008年12月27日 (土) | 編集 |
今年のクリスマスプレゼントはミシェルじゃない方のウィーでした。大人が一番喜んでいる気もしますが・・・。来年はどうなることやら。

寒い寒い寒い寒い寒いのに練習に行っちゃったんです。

さすがに人は少なかったですね。急に冷え込んだりするとやっぱり怪我しやすいですから、体を温めてから動いた方がよいのですが、寒すぎてちっとも温まりません。

やっぱり今日は全然当たらず、まともな当たりは3球だけでした。寒いのもありますが、動き始めの下半身の動かし方がよくなくて、体が起き上がってしまい、トップかスライスという具合です。アドレスでの上半身の傾きのまま股関節上で回る、ということは右尻がそのままでは傾きが変わって体が起きてしまうので、右尻を下げてやる。そうすると上半身の傾きを変えずに体の左側が下、右側が上に来るので後はその角度のまま腕を上げてやれば上手く当たるのですが、寒くて体が言うことをききません。

気分転換にAWを打ってみましたが、80Yしか飛びません。思いっきりこすっています。何度打っても体が温まらないので諦めてアプローチに切り替えました。アプローチでも今回教わったことを試してみました。最初はやっぱりこすっていますから高く上がってしまいましたが、段々と右の尻辺りが動くようになってきて、低めでスピンが効くようになってきました。そこでフルショットしてみると100Yくらい飛ぶようになりました。

今日はここまでです。寒すぎました。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年12月23日 (火) | 編集 |
アドレスにやりたいことが出てしまうのです。

どうも右足を回したいようで、右足をこらえる練習をしたら右腿の裏が筋肉痛になりました。次の日に筋肉痛になっているのでまだ若い?

で今日も練習に行ってきたのです。忘れないうちに。昨日の今日なのでビシビシ当たるのですが、足がつってしまいました。「き×た×、左のき×た×、(腿)痛い、(打感)気持ちいい」とかつぶやいているので怪しさ満点、ほとんど変質者です。

今日はスピンが掛かりまくりで、グリーンに乗った球はほとんどスピンで戻ってきてこぼれてしまいました。しかし上に上がっている分距離は落ちています。今は飛ばしたくなるのをぐっとこらえなくてはいけません。

失敗するのは、右足が回ってしまったときか、体が起き上がってしまったときか、腕を上げる方向を間違えたときか、まだまだたくさんありそうです。


2008年12月20日 (土) | 編集 |
ハミングバードスポルテに電話したです。はい。

強烈に海水を薦められましたが、やはり家は置き場所も無いのでダメでした。家族に聞いてみましたが、即答で却下されました。楽しそうなのですけど、今は無理ですねー。

そちらの話はともかく、1Wの件です。F5にした人の30%くらいの人は飛ばなくなってしまうそうです。私もその30%のようです。

F5は諦めてF4にするかどうかというところで、ハミングバードスポルテに行ってきました。今回は初めての練習場でした。

店長さんの期待を裏切り?、結果は「捕まえすぎ」でした。捕まえようとだいぶ極端にやりすぎていたようです。だから球が低くて飛ばない!でも「捕まえすぎ」な人はハミングバードでは少数派、消費税程度だそうです。ぬーん。

アドレスでは、まず極端なハンドファーストを止めて、グリップが左の×ん×まを指す辺りからまっすぐ球の後ろにくるようにしました。

そして背骨を曲げないで股関節から傾けるいつもの修正点と、右足を足首で回さないように、左足の内側のエッジを利かせるように曲げて右尻を引くことで体を回すようにしました。

手は左肘を使って上げてしまうと左肘で弧を描いてしまいやすくなるので、右手で上げるようにしました。そしてクラブを早く上げすぎなので、体の動きで右斜め前くらいまでクラブを移動させ、そこから上げるようにします。ぎこちない極端な動きから、スウィングっぽい動きにしていくようです。

また、テークバックで上体が起き、ダウンで倒れてしまうので、テークバックで前傾している状態から右を向いても前傾したままを保つようにしました。(この部分を書き忘れていたので追加しました)

最後はコッキングです。肘の曲がりに応じてコッキングしていくようにします。同じタイミングで肘と手首が曲がっていくようにします。

久しぶりに昔の自分のスウィングをビデオで見ました。今日見たスウィングとだいぶ変わったように思います。オーバースウィングは直り?、後ろから見るとキャビティ部がしっかり見え、シャフトが球を指し、ヘッドが垂れてます。ちょっとは進歩した?かもしれません。

というわけで、何とかF5を使い続けることができそうです。FWもF5になります。ついでに1Wもコブラになります。超おすすめだそうです。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年12月16日 (火) | 編集 |
ぐだぐだになりつつありますが、1Wが飛ばない原因究明の続きです。

1Wとそれ以外のクラブで、クラブ以外に大きく異なるのはスタンス幅と球の位置です。1Wはティアップしている分、球とヘッドの距離が近いからその分地面から打つ場合よりも左に置く、ということですが、ティの高さを調節できる打席だと毎回同じ高さで同じ分だけ左に置かないと上手くいかないわけです。本当に基本的な事ですが、無造作にやっていたので、見直してみます。

色々やり過ぎてテンプラを打ってしまいクラウンの塗装がはげてきてしまいました(心が折れそう・・・)。ということはティが高すぎるか球の位置が左過ぎるかその両方ですか。間に合わない・届かない要因を作っているかもしれません。

どれくらい左に置くかはどれくらい球が近づいたか、すなわちティの高さに寄るでしょうから、まずはギリギリの高さにしてできるだけ右に、アイアンよりもほんの少し左に置いて打ってみると、案の定トップします。1Wはアイアンのよりも打点が高いですから、その分ティを高く、地面スレスレをヘッドが通った時に真ん中くらいに当たるようにしてみると、やや強い当たりになってきました。しかしまだ胸が球の方を向いてしまう、ヘッドの入斜角が低くなってしまうので、アイアンのように力の方向を変えないようにして打ってみましたが、なかなか思うようにいきませんでした。


2008年12月13日 (土) | 編集 |

水質検査紙が無くなったので別なヤツを買ってきました。
今度は硝酸塩濃度250mgまではかれます。
で結果ですが・・・。

Cl2(塩素)

0mg/l

pH

6.8

KH(炭酸塩硬度)

3°dH

GH(総硬度)

8°dH

NO2-(亜硝酸塩)

0mg/l

NO3-(硝酸塩)

250mg/l


硝酸塩は250mg/l以上ということらしいです。アンブリア?がどんどん増えていっていますが、硝酸塩が減っている様子は見られないような気がしますが、正確な値を測定できていないので、なんだかなぁという感じです。

ちょっと気になるのは、どこかでナナについている農薬でエビが死んでしまうというようなことを読んだ記憶があり、だとしたら水換えしないと農薬は減らないかもしれないので、やはり水換えしかない?

テーマ:水草水槽
ジャンル:ペット

2008年12月13日 (土) | 編集 |
最近おむつを替える時も薬を飲む時も「むりーーーっ!」と断られてしまいます。
お約束になってきましたが、年末のラウンドの予定も「むりーーーっ!」になってしまいました。

#長野のSさん、ただいま日程調整中ですのでもうちょっとお待ちください。

何か気が抜けてしまいましたが、今日も練習に行ってきたのです。

今日は久しぶりにバッグごと持って練習に行きました。といっても1W,5W,9W,7I-9I,PW,AW,SW,PTの10本ですけど。ラウンド前に全部打っておこうかなと思っていたのですが、ラウンドは流れてしまったのでいつもの通り3本でもよかったのですが、なんとなく打ってみました。

まずはF3のFWですが、やっぱりちょっと硬い気がします。7Iと打ち比べてみても若干球を中に入れるか、トップを小さめにするかして距離を縮めないと間に合わない気がします。ですが、音と感触はしばらく打たないうちによくなったような気がします。以前はほとんど濁ったような擦ったような気持ちよくない音でしたが、今日はキンキン高い澄んだ音がしてましたし、球を打った感触も硬くなく気持ちよかったのです。

ウェッジの方はというと、感触はまあまあですが、音はあまりよくありません。そしてあまり効率がよくないような当たり方をしている気がしました。

FWを打ってみて気が付いたというか思い出したというか、トップから右回りというか右の弧を描くように振ってしまっていつも失敗していたのが、段々とトップでのフェースの向きにまっすぐ落ちるような、だいぶ最短距離に近づいているようになってきたのではないかと思うのですが、いつもの通り1Wはイマイチ飛ばず、あれこれやっていたらヒッカケが止まらなくなってしまいました。もう横須賀に行くしかないかなぁ、と。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年12月07日 (日) | 編集 |
今日は寒かったですね。また練習に行ってきました。

今日はかなり寒く、ちょっと走ったくらいでは体は温まりませんでした。
そのせいか一球目は若干引っかかり気味ですが音と感触はよかったです。

寒すぎて体の動きが鈍かったので、今日はアイアンとアプローチをメインにしました。

アプローチも同じ感覚で打っていますが、悪い癖のトップが出やすくなっていました。
トゥ側が下がってしまうような構えになってしまいやすく、硬い感触で鈍い音が出てしまいます。球の近くで構えてしまうと言うのもよくやるミスです。

そういう時はランニングアプローチの練習です。若干トゥを浮かせるように、アドレスで腿の裏が張るように構え、ヘッドの姿勢を変えないように上げ(手首を真上に折るように?)、そのままの姿勢で球に当たるように、ということはその姿勢のままになるようにクラブを支えてあげて打つとヘッドの姿勢、フェースの向きに球が飛んでいき、スピンが掛かり球が跳ねます。丁寧インパクトと一緒です。

勢いをつけたりダウンでヘッドを落としてしまうと、ヘッドの姿勢がわかりにくくなりますし、同じ姿勢になりにくいようで、同じような姿勢にできてくると、単純にテークバックでのヘッドの高さで距離を打ち分けやすくなるように思います。今はランニングアプローチしか使えませんが、しっかりスピンも掛かるので、特に不安はありません。

もしかしたら年内にラウンドできるかもしれません。今年は本当に数回しかコースに行けませんでした。来年はどうなることやら・・・。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年12月03日 (水) | 編集 |
あっという間に12月ですね。

それなりに記事もたまってきたので、ちょっとブログを改造して人気の記事を表示するようにしてみました(そのうちURLでなくタイトルが表示されるはず・・・)。

11月の人気記事は、以下の通りです。

ご法度
ショットは続くよ
軍曹達とアトランティスのこころ

ちなみに拍手が多い記事は、

外すのか外れるのか

です。

へー、そうなんだー。
テーマ:気になる謎やネタについて
ジャンル:

2008年12月03日 (水) | 編集 |
ガソリンも安くなりました。本格的に寒くなる前に下がって家計は助かりますが、バブリーなドバイとかがやばくなりますか。

最近あまり考えていないので、たまにはまったり考えてみたいと思います。

1Wが何故飛ばないか。ヘッドの姿勢と軌道でしょうか。インパクトの体勢では球に当たる前に胸は左を向いてしまっているようです。ということはヘッドも左、さらに上を向くでしょう。擦ったりヒッカケたりするのも当然です。でも左を向かないと球に届かない。何故届かないかが解決しないと左を向くことを止められません。

一つの原因として、ヘッドと球の距離が遠いことがあるのかと思い、あれこれ試していました。なるべく体の近くに、胸の前に、胸の左寄りに位置するようにクラブを動かせば球とヘッドの距離を短くできます。ヘッドが上に上がると球との距離は長くなりますが位置エネルギーを稼ぐためにはしかたないですし、重力で加速できれば多少距離が長くなっても時間は短くできそうです。一方体に近づけても距離は長くなりそうですが、体から遠いと右を向いたときに距離が長くなってしまいます。

次は道のりです。ここが課題かと思っています。せっかく距離が短くなっても遠回りしてはやはり届きません。例の鉄定規をヘッドのソールと球が乗るように置いたとき、ヘッドが鉄定規の下に潜るような、逆さの放物線のような軌跡になると道のりは長くなります。道のりは視覚で確認しづらいので可否の判断しづらいですが球の手前にもうひとつ球をちょっと離して置けば判断出来そうです。動画のように段ボールか何かの方がよいですかね。
遠回りしないように動かすにはどうすればよいのでしょうか。アドレス時の自分から見て、上下方向は落ちる方向の動きの量、左右方向は球が飛ぶ方向の動きの量、前後方向は球と体を結ぶ垂線方向の動きの量とすると、左右方向に遠回りするのは難しいでしょうから気をつけるのは上下と前後になるでしょうか。
ではトップから球まで傾いた鉄定規上を滑るように、なぞるように動かすのでしょうか。確かにクラブに掛かる力が変わらなければ球に当たるでしょうがクラブには動かそうとしても特に重いヘッドがその場に残ろうとする慣性の力と、回転することによる遠心力が働きます。ということは自分が辿ろうとした軌跡から外れようとする力が働くということになります。ですから、それらの力によってクラブが動かされることを見越して、自分の力と外力の合力が斜めの鉄定規に沿うように自分が動かせば、結果としてヘッドの軌跡は鉄定規に近づき、自分が鉄定規に近づけようとすると行き過ぎて逆に離れてしまうのです。

でも最短経路が一番効率がよいのでしょうか。最短経路ということは直線に近くなります。ということは、働く力による速度がそれぞれ一定に近くないと直線にはならないはずです(一方の力による速度が変化してしまうと曲線になるでしょう)。そして重力には加速度があるのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。