ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月30日 (火) | 編集 |
何やらテレビでは政治の話で賑わっているようですが、法案の話はあまり出ないようですね。逆にネットでは法案の話が多いようで、両方見比べると立場の違いのようなものが感じられて面白いですね。選挙ではどうなるでしょうか。

それはさておき、ゴルフの方はぱっとしません。1Wの違和感もかなり解消されました。問題が解決するとすぐに他の事が気になってしまいます。再現性の低さというか、繰り返せる時は何も考えずにできるのですが、できなくなるとできないことを繰り返すというか抜け出せないというか、まだまだ基本ができていないからだと思うのですが、ヘッドの姿勢が安定しません。おそらくクラブが体の幅から外れてしまっているかフェースと胸の方向が合っていないのだと思うのですがなぜなのでしょうか。

ヘッドが重い!のはそうなのですが、相対的な位置関係であることと、体も腕も動く、胸の向きが変わることの影響も少なくないのではないでしょうか。

例えば速く動くと重いヘッドやクラブを支える腕はついてくるのが遅れてしまいます。ですがゆっくり動いたとしても、体だけ動いたり腕を体の正面でない方向に動かしたりすれば当たり前ですがクラブは体の幅から外れてしまいます。では体が動く方向に腕を動かせばよいのかというと、体が動くと胸の向きも変わる可能性があるので、体の向きと動きに合わせて腕が動かないとやっぱり外れてしまいます。じゃあそうすればよいかというと、胸は少し向きを変えただけで胸の正面の位置は胸からの距離に応じて変わってしまいますし、いくらシャフトを立てて軽く感じるようになったとは言え重さが無くなるわけではないですから胸の向きに合わせてホイホイ腕を動かすわけにもいかずやっぱり限界がありますし、正面に保てたとしてもフェースの向きは変わってしまったりするのです。ヘッドが重いのですから、体に対して腕が遅れる、フェースは開く方向にずれやすいと思います。

このズレが生じるとどうにもならなくなってしまいます。スウィングが始まってしまったらもう直せません。

ですからアドレスからずらさないようにしないといけないのですが、例えば動き出すときに腕は正しい位置に上げたつもりでも胸の向きが変わる量が足りなければもうずれてしまいます。「腕はこの位置でよいはずなのに」と悩んでしまいますが、この場合は腕の位置を変えても解決しないわけです。

では胸と腕を合わせて動かせばよいのでしょうか。腕と体を一つの部品として動かせば確かにずれにくくはなるかと思います。テークバックでは上手くいきそうですが、重いヘッドは開放した途端に遅れそうです。

結局先が重ければ遅れるのですから、腕は胸が向く方向に先回りしてやるのはどうでしょうか。もちろん腕を速く動かすには筋力が必要になってしまいますから、胸の向きの変更も腕がついてこれるような速さでないと駄目でしょう。胸はこのくらいの速さでこう向くから腕はこのくらい、のように。

アドレスでは離れているヘッドはトップでは近づきます。ということは重さが体に近づくにつれて腕は遅れにくくなるはずです。徐々に遅れにくくなるなら、動き始めの重さで予測して動かすと段々クラブは軽く感じるのですからトップでは腕が右に行き過ぎて体の幅から外れやすくなってしまうのではないでしょうか。ダウンでは逆に近くにあるヘッドが離れていきます。重さが体から離れるにつれて腕は遅れやすくなるでしょう。軽い手応えのまま腕を胸の向きについていかせようとしても感じる重さが増していけばやはり腕は右に遅れて体の幅から外れてしまうのではないでしょうか。軽くなる、重くなることも考慮して動かさないと外れやすくなってしまいます。特に重くなる場合は軽いうちから腕が重いものを支えて動かせるような腕の形にしておかないと、重くなることに対応できません。ガラスを叩き割る裏拳を押してあげるような感じですか。

そういえばラウンドの予定はまた流れそうです。芝の感覚が懐かしくなってきました。
スポンサーサイト


2008年09月28日 (日) | 編集 |
9月はかなり忙しかったので更新が滞り気味です。来月はもう少し頻繁に書けそうです。

だいぶ過ごしやすい気温になってきました。ちょっと肌寒いくらいでした。

涼しくなってきたせいか、体の動きが鈍くなってきました。打つ前にしっかり準備運動をしておかないといけませんね。

今日は長いクラブでトップの時に違和感があったので、長いクラブを重点的に打ってみました。

結局、トップで体の右側にクラブが傾いてしまうミスが出るときと、体の幅に収まり、前傾姿勢に近い角度であるときの差を上手く感じ取れなくなっていたようで、長いものほど安定しづらくなっていたようです。気温が下がって感覚も鈍くなってしまったのでしょうか。

ともかく、打つときに目で追うわけにはいかないので、鏡で角度を確認しつつその時の重さの感覚の違いを感じるような、あまり楽しくない練習で今日は終わってしまいました。最近停滞気味ですね。

次のラウンドが決まって嬉しいのですが、練習しすぎて私の財布も経済危機になってきました。9月は乗り越えられるのでしょうか。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年09月23日 (火) | 編集 |
今日はまったり子供の勉強を見ていましたが、漢字が書けなくなっています。子供でなくて大人が。文章はほとんどパソコンで書いているので、漢字はIMEまかせです。どんどん忘れていっています。ところで、デシリットルって小学校で習う必要があるのでしょうか?

その後、なんと今日は昼間に練習に行けました。

せっかく感触がよくなってきたので再現性を上げる為に、うまくいったときと失敗したときの違いに注意して練習してみました。アドレスやテークバックなどを意識してみたりしなかったりしてみましたが、今日はあまり収穫はありませんでした。アドレスで猫背になりすぎないように右後方かつ上方に吊られるようにしてみたり、テークバックで慣性が付かないように早めにシャフトを立ててみたりしてみましたが、それなりに効果はあるようですがまあそれなりでした。

次回はまたスライドにチャレンジしようかと思います。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年09月23日 (火) | 編集 |
今日も練習場に行きたかったのですが、子供達が起きてしまいました。

我が家の水槽はもう半年以上水換えしていません。フィルタの掃除もせずに、足し水だけでほとんど放置しています。まあ世話する暇が無いだけなのですが。

立ち上げてから1年半以上経ったと思います。だいたい半年で安定してきました。一年過ぎて、水温が上がってきたころに緑のコケが増え始めました。夏場も何とか乗り切り今はまたコケは減りました。結局ミナミヌマエビは定着せず、ヤマトヌマエビ達が一生懸命コケを食べてくれています。

そういえばメダカも結局1匹しか生き残りませんでした。ポンプの水吸い上げ口がつまり気味になったときに水質が悪化して5匹いたメダカも1匹になってしまいました。そのときもつまっていたゴミを取っただけで、結局水換えしませんでした。でも他の魚は元気です。夜暗いときにライトで照らすとミジンコが泳いでいたりします。

水換えしないと有害な物質が溜まってしまうのではないのでしょうか?不思議です。
テーマ:水草水槽
ジャンル:ペット

2008年09月22日 (月) | 編集 |
結局なぜ1Wだけよくなかったのでしょうか?

体の幅から右にずれてしまったのが原因ですが、1Wだけだったわけではないようです。ただ1Wはスタンスを広くしていたことと右の傾きがうまく合わずにクラブを右にずらしてしまっていたようです。スタンスが広いことに慣れないと、アドレスで左腕が真下に伸びずに体が右側に傾きすぎてしまいます。体を右側に傾けつつも左腕は真下に下ろしておかないと、クラブが体の幅から右に出てしまいやすくなるということでしょうか。

雨でマットが濡れていたので飛距離は当てになりませんが(ダフってもいつもより飛んじゃう)、体の幅からクラブが出ないようにすることで全クラブよい感じになってきました。

縦横同時を意識しすぎて基本が疎かになっていました。これでまた縦横の動きを合わせる練習が再開できます。縦と横の動きを合わせるには、加速度をつけないような動きだとやりやすいように感じました。腕の動きも体の動きも等速で動かすようにすると、動く量もタイミングも合わせやすい気がします。逆に急に加速するような動きでは、体の動きに腕やクラブが置いていかれたり、腕が伸びるタイミングが早すぎてインパクト前にクラブが落ちてしまったりしやすい気がします。

ともかく、今回は1Wの球を打つ感触がかなりよくなって弾道も安定してきました。次のラウンド予定も10月に決まり(また流れないことを祈ります)、この調子で精進していきたいものです。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年09月22日 (月) | 編集 |
練習に行ってきました。

ずっと1Wでヒッカケてしまう原因を考えていましたが、結局思いつきませんでした。ヒッカケですから、いつものようにインパクト前に右肩が落ちたのかと思ったのですが、今回はちょっと違うようです。

結果的には同じなのかと思うのですが、クラブが体の幅から右に出てしまっていたようです。これも基本ですね。昔の硬いシャフトのクラブではその位置がよかったのですが、ハミングバードスポーツのやっこいクラブだとダメですね。1W、5W、7Iを交互に打っても大丈夫でした。私の場合は頭の上に上げるような感覚でちょうどよいようです。

これでだいぶクラブ間の感触が一致してきたように思うので、久しぶりにラウンドを想定して打ってみました。まだ1Wが若干感触がよくないですが、かなり揃ってきました。気持ちのよい当たりが増えてきました。早くコースに行きたいものです。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年09月21日 (日) | 編集 |
今日はゴルフのことを書こうかと思ったのですが、運動会でまとめている暇がないので明日以降に書きます。

以前ミナミヌマエビを水草水槽に入れましたが、全滅しました。全滅?10匹のミナミヌマエビがか?ってなもんで、今は新しく入れたヤマトヌマエビが水槽のコケをせっせと食べています。あっというまにコケが無くなって、きれいになってきました。ついでにオトシンクルスも入れました。

パールグラスは瀕死でどうにもなりそうもないので、あきらめてグロッソにでもチャレンジしようかと思います。

あとはどこかで見た、流木とウィローモスで「この木何の木」を模したようなレイアウトにしてみようかとも思っていますがいつになることやら。

それにしてもなぜうちの水槽はミナミヌマエビと合わないのでしょうか?ヤマトヌマエビはとても元気なのですけど。
テーマ:水草水槽
ジャンル:ペット

2008年09月16日 (火) | 編集 |
台風が近づいてきているようですね。運動会のシーズンです。晴れてくれるとよいのですが。

昨日も練習に行ってきました。三連休最終日でしたが、レンジは空いていました。皆さんお出かけなのでしょうか。私のラウンドの予定は流れに流れています。

一昨日と同じように左腕・左手・クラブの角度を変えないようにしてみました。アプローチでも違和感無く打てました。特別な打ち方をしなくてもスピンもしっかり掛かります。若干受けている人工芝グリーンではスピンでグリーンからこぼれてしまいます。やっこいシャフト様さまです。

ウェッジのフルショットでもしっかりスピンが掛かりました。しかし時折グリーンに落ちた後あらぬ方向に跳ねてしまいます。距離もAWでおよそ110Yのグリーンに届いていません。まだまだヘッドの姿勢は安定してないですね。

PWから7番まで、まだヒッカケ気味な球がでますが気持ちのよい球が結構出ました。PWで130Yをキャリーで超えるようになってきました。7番は175Yグリーンの手前が限界でした。175Yグリーンは打ち上げで砲台なので7番では苦しい?

FWも気持ちのよい当たりが増えたような気がします。いつもは最初はトップ気味の硬い当たり、鈍い音が多く出るのですが今日は出ませんでした。FWはまだF3なので七割で打つか球をほんの少し右に寄せるか、ちょっと小細工が要ります。早くシャフト替えたくなってしまいます。

それではと1Wを打ってみると近頃あまり見なくなったかなりのヒッカケ。やたらと力が入ってしまいます。何度打っても力が抜けません。1Wは久し振りだからなのでしょうか。アイアンやFWでは力は入りません。どうにもならなそうだったので残りは7番で打つことにしました。アイアンは力は入りません。1Wだけ力が入ってしまうような姿勢や動きになっているのかと思いましたが結局原因は思い付きませんでした。まあこんな日もあるでしょうが1Wが当たらないとすっきりしません。久し振りのラウンドの予定が流れたからでしょうか。

縦の動きと横の動きを合わせるように、ぐわぐわ言っていると視線が痛いですが、何となくタイミングが合ってきたような気が・・・。でも1Wがっっっ。


2008年09月13日 (土) | 編集 |
今日も練習に行ってきました。

今日はなんとなくPWからはじめました。ショートアイアンは久しぶりだからかもしれません。

扇の動きが入らないように、左肘と左手とクラブの角度を気にしてみました。打ち出しがやや左ですが、まあまあ安定していました。ただ距離は出ていますが引っかかり気味です。

気になってはいましたが、アイアンが打ちたかったのでそのまま放置して番手を上げていくと、打ち出しがかなり低くなって引っかかり具合も多くなってきました。ロフトが立ったのではなく、ロフトを立てているような感じです。

あちこちチェックしていてようやく分かりました。アドレスで背骨の右の傾きが足りなかった、もしくは無かったようです。その分ロフトが立っていたのでしょうか。何だか同じことの繰り返しですが、久しぶりのアイアンがうれしくてアドレスが疎かになっていたようです。しっかり手順を踏んでアドレスすると、打ち出しがまっすぐになりました。うーん、気持ちよいです。PWで120-130Yくらいでしょうか。

ならばとウェッジも打ってみましたが、何だか飛びません。AWで100Y, SWで80Yくらいです。球も高くなった気がします。PWに持ち帰るとしっかり飛びます。何だか分からないまま打ち比べていましたが、気になったのでスペック表を見てみました(持ち歩いてるのかよ!)。

何のことはない、AWとSWはロフトが前よりも増えていました。でもそれにしてももう少し飛びそうな気がします。そんなこんなしていたら球が無くなってしまいました。あーまた1W打てませんでした・・・。
テーマ:ゴルフ
ジャンル:スポーツ

2008年09月13日 (土) | 編集 |
とうとうメスも2匹死んでしまいました。あとはメス1匹とコクワガタオス2匹です。

容器の端に見えていた卵が無くなったので、もしかしたらと思ってちょっと土をほじってみたら、
幼虫がもぞもぞしていました。卵から孵った幼虫ははじめて見たのでちょっと感動しました。

でも、別の容器に移していた卵10個から幼虫は2匹だけ。腐葉土がよくないのでしょうか?

メスがいるケースにも幼虫3匹と卵がたくさん。

来年の夏が楽しみです。
テーマ:クワガタ・カブトムシ
ジャンル:ペット

2008年09月09日 (火) | 編集 |
暑い寒いと言っているうちに秋刀魚がおいしい季節になりつつあります。あっというまですね。

やっとリシャフトしたアイアンで練習できました。慣らしの為に七割くらいでしっかり潰せるように打ってみました。一本20球でも六本打てば120球です。寝不足、運動不足と疲労がたまった体には少々きつかったのですが夢中で打っている間は気がつきません。終わってからどっと疲れがでました。

今回のはかなりやっこいアイアンです。振動数ではリシャフトしなかった6Iとリシャフト後のSWが同じくらいです。やっこい!距離は七割で振って同じくらい?感触に集中していて飛んでいく球はあまり見なかったのでまだよくわかりません。打ち上げでもしっかり止まるくらいスピンも掛かっていたようです。今日は腕が伸びるタイミングと体の動きが合わないことが多かったので、イマイチでした。ぐわわっと来なくてアレっ?って感じが多かったように思います。

次はじっくり打ってみたいですが、また感触に魅了されてしまうかもしれません。


2008年09月04日 (木) | 編集 |
「弟子の一人」さん、コメントありがとうございます。お題としてまったり考えてみます。

「支点を作ってクラブを回すのはご法度」ということで、まずどんな動きかを確認してみます。グリップや肘等を支点としてクラブを扇のように動かす動きとします。

この扇の動き、横の扇と縦の扇があると思います。ライ角方向が縦です。

横の扇はよく見かけると思います。手首を返す動き(扇の左半分)をするには事前に開く動き(扇の右半分)があった方がやりやすいでしょう。また手を体から離せばクラブが重く感じますから、手首を折ってクラブヘッドを背中側に持ってきて重さのバランスをとろうとする、これも扇の動きでしょう。

さらに手首を動かさなかったとしても、片方の肘が曲がり内側を向くとやっぱり扇の動きになってしまいます。

この動きが何故いけないのでしょうか。いえ、この動きは自分がやろうとしていることに有効なのか無関係なのか邪魔なのかを考えた方がよいかもしれません。この動き、手首や腕を振ってヘッドを動かすか、手の動きを止めてヘッドを先に行かせるかしないとできないのではないかと思います。手首や腕の筋力で行うのですから、筋力次第といってよいのではないでしょうか。さらにヘッドが弧を描く軌跡で動くということはその時その時でヘッドが動く向きが変わってしまうので再現性やエネルギー伝達効率も悪くなってしまうでしょう。そして、弧の動きをするということはその方向のしなりを減らす、無くすということになるかと思います。せっかくしなるシャフトがついているのにしなりづらくなってしまう、とても損した気分になりますね。だからといってしなるシャフトをしならせようとしてはいけません。試してみるとわかりますが、手首や腕をゆるゆるにしてクラブヘッドをシャフトと垂直の方向に動かしても手首や腕が動いてしまってシャフトはあまりしなりません。しかし引っ張られる方向に逆らうように支えるように手首や腕にある程度力を入れるとしなります。

縦の動きも同じでしょう。せっかくヘッドの重心がシャフトの延長線上に近づく方向に動こうとしても、シャフト自体も同じ方向に傾いてしまっては近づけません。

横の場合は厄介なことに捩れも発生します。ヘッドの重心がシャフトの上からずれれば扇+シャフト軸方向の回転になりシャフトが左右に倒れる方向に力が加わるでしょう(所謂シャフトが寝た状態+フェースが開いて上を向いた状態?)。

どの状態になっても自然に元に戻ることはなく、元に戻せなければまともに飛ばず、元に戻すには筋力が必要で戻すために使う力は球を飛ばすのに役には立たず(ヘッドの姿勢が理想的な状態に近づけば何もしないよりは飛ぶと思いますが)、やらなくてよいこと、役に立たないことを懸命に頑張ってもご褒美はないわけです。頑張って速く強く振ってるのに。こんなに頑張ってるのに。自分の力だけで頑張りたい人には鬼教官系のクラブはメリットはあっても不向きかもしれません。

ということは、動きだしたら一回でも扇の動きを入れたりヘッドの重心がシャフト上から落ちたらアウト、ワンナウトでゲームセット、失敗ですか?(許容範囲はあると思いますが)なんだか難しそうに感じますが力や速度が要求されるわけでもなく、スウィングとしてやると要らない動きが入ったりして邪魔してしまいますが、単なる動作として行う分には力・スピード・曲芸のようなテクニックは不要で老若男女誰にでもできる方法と思います。重いヘッド、自分の体力に合ったしなるシャフトの着いたクラブがあれば、望まなくとも常にクラブが教えてくれるのではないしょうか(うーん、また提灯記事みたくなってしまいました)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。