ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年01月27日 (日) | 編集 |

何が辛いって、球を打ちに行く暇がないのが一番辛い今日この頃。

スピードに注意してクラブを体の幅におさめてテークバックできたとしても、その後が上手くいかない時がある。

無意識にやってしまうのが、ヘッドの姿勢を変えてしまうこと。フェースが開いてしまう。
切り返し直前のヘッドの姿勢のまま、ダウンに移行したいのだが、左手が動いたり、右手が動いたりして、ヘッドの姿勢が変わってしまう。打ちに行こうとすると、もう100%ヘッドの姿勢が変わってしまうようだ。
手首と手の甲の角度が変わってしまうのか?

後は、ダウンの早々に右肩?右腕?が落ちること。落ち始めたらもう止まらない。やめられない止まらない。
体の右側が落ちるのは、体を逆回転させるタイミングが早いのか。体の傾きが変わってしまっているのか。

これらの失敗が起こると、飛ばない・感触と音が悪い、だけでなく、空振りまで出る始末。

自分がどんな姿勢だろうと、重力が掛かる方向は変わらないはずなのだが、自分の姿勢に対するヘッドの姿勢が変わらない、ヘッドもろとも、自分が右に傾いてしまった場合は、なかなか自覚しづらいのだろうか?

インパクト付近で急に開くとは考えにくい。やはり既に開いてしまっているのだろう。

はてなマークばかりになってしまうが、疑問が無ければ考えない。

スポンサーサイト


2008年01月24日 (木) | 編集 |

球が散らばるので、弾道が気になっていた。
でも、「確変入る」と、弾道などどうでもよくなってしまう。
音と感触がよくなると、猿のように打ち続けてしまうので、ちょっと困る。うーん・・・。

それくらい気持ちのよい感触。それくらい異質な、澄んだ音。

あまり自覚していなかったが、鬼教官系クラブを使用していれば、この変化は偶然現れることもあるだ。
しかし、私は音と感触として自覚していたのではなく、結果(距離)としてしか認識していなかった。そう何度も起こっていたわけではなかったし、得られる結果に我を忘れてしまうのだから、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれない。

でもそれはあくまでも偶然なのだろう。正しい手順で得られる必然とは、結果としては似ているようでも、まったく異なるものとして認識せざるを得ないようだ。

フェースを開いたり閉じたりして、偶然生まれたヘッドの姿勢によって生じた結果は当然偶然だと思う。偶然発生してしまうことはあっても、もう一度やろうとしてもできない。前提が間違っていたら、例えよい結果が出たとしても、もう一度よい結果を出すのはやはり難しく、連続して結果を出すのは無理なのではないか。でも保とうとして保ったヘッドの姿勢によって生じた結果は、必然じゃないのか。だから連打できるんじゃないのか。

そうこうしているうちに、呪いが襲ってくる。妖しく銀色に光を放つ、軽い鉄棒と軽い鉄頭の呪縛なのか。せっかくできているのに、自分の力でやろうとしてしまうようだ。至福の時が途切れると、すぐに戻りたくなり、すぐに戻ろうとして、動きが速くなる。結果が出ないと、距離が出ないと、さらに自分の力でどうにかしようとしてしまうのだ。こうなってしまうと、打席に立って球を打ち続けている限り、そうそう抜け出せなくなる。呪いは、かーなーりー、強い。

私の場合、呪いの始まる合図は切り替えしのようだ。切り替えし付近での失敗は、だいたいコスリ球となるようだ。当然感触は悪く、音も濁り、右に曲がる。呪いの始まりでは、それほど曲がりは大きくないが、体は敏感に反応する。

一刻も速く、あの感触を取り戻したい。一刻も速く! で、テークバックが速くなる。テークバックのスピードに、私の筋力では付いていけない。クラブを体の中に保てない。クラブが体の幅から外れる。自分から見て右側に。鬼教官はその瞬間を見逃さない。天使が悪魔に変わる。ほくそ笑み、鞭を振るう。瞬時にクラブが重くなる(3FREEZE!)。その重さに耐えられないことを知っている私の体は、重さに抵抗する。筋肉が重さを支える。力が入る。鬼教官は高笑いしながら、さらに鞭を振るう。重さに耐え切れず、自分でクラブヘッドを球にぶつけようとする。鬼教官の笑いは止まらない。鞭も止まらない。ヒッカケとプッシュスライスも止まらない。涙も止まらない。

呪い、いや、条件が揃うと発動するプログラムなのかもしれない。軽い鉄棒と軽い鉄頭によって、すこしずつ刷り込まれ、トロイの木馬のように姿を隠して私の頭に進入したウィルスは、常に発動の機会を待っているようだ。



2008年01月24日 (木) | 編集 |

ついに、私にも来たようです。

『音が違います』ってこのことなの?

明らかにインパクトの「感触」と「音」が変わってきたのです。

なんとも言えない気持ちのよい感触。耳鳴りがするほど澄んだ音。

鬼教官の飴と鞭の飴は甘露なのか?そうなのか?

やめられない止まらない。あっという間に球を打ちつくしてしまう・・・。



2008年01月21日 (月) | 編集 |

久しぶりの、半年どころか8ヶ月ぶりの更新となってしまった。

ラウンドどころか練習もままならなかったのだが、ほとんどブランクを感じない。

ヘッドが球に与えるエネルギーの効率を上げるには、ベクトルを揃えればよいのだろうから、

ヘッドの軌道もそうだが、ヘッドの姿勢も変えたくないという気持ちになるはずだ。

もうアドレスから、ヘッドの姿勢を変えたくない。

極端なくらいで試すと、上手くいくのではないかと思う。フェースは絶対に開かない、くらいの気持ちで。クラブも体の幅から外さない。

そのくらい徹底させると、テークバックのスピードがゆっくりになった。いや、はっきりと遅くなった。

「鬼教官」クラブでは、私の筋力ではテークバックのスピードを少しでも速くしてしまうと、慣性ですぐにフェースが開いてヘッドの姿勢が変わってしまう。

体の前からクラブを外さなければ、体の前傾もあるのだから、そのままでは前にバランスを崩してしまう。だからテークバックでは、体の後ろに重心がかかるような体の回し方が必要ではないか。

重心が前にかかったままだと、左に振ってしまい、ヒッカケになるのか。この辺の原理はまだよくわからない。右腕を含む体の右側が落ちることも関係しているようだ。

逆に、スライスになるのは、トップから特に右手でクラブを引きおろしてしまった場合か。

「鬼教官」は半端なく鬼なのだ。鬼なのだが、それだけではただのMなひとになってしまうので、当然飴も用意されている。麻薬のような甘露だ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。