ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年04月30日 (月) | 編集 |

世の中GWだが、相変わらず練習する暇が無い。
今日もR練習場で50球だけ打ってきた。

今日はスクイ打ち防止の為、左肩と左腕を意識して打ってみた。
右腕を意識しすぎると、右腕に力が入りすぎてスクイ打ちになったり、
右手に力が入りすぎてスライスになったりするので、その対策だ。
左肩から右足前に左腕をほおり投げるようにして伸ばしてみた。

結果はまあまあ。150Yでも半分以上はグリーンを捉えた。
しかし、今日はフォローの風のせいもあってか、球が止まらずグリーンからこぼれてしまうことが多かった。

そろそろ球を止めることも考えたほうがよいのかと思いつつ、ラウンドする機会は減る一方なのでやる気が出ない。

もう大分暖かくなってきた。寒いの苦手なので、暖かいうちにもっとラウンドしたいものだ。

スポンサーサイト


2007年04月10日 (火) | 編集 |

忙しい中、少しだけ練習に行けた。30分だけR練習場。

ハミングバードスポーツのクラブとの関係は不明だが、トップでワンテンポ待つとよい球が出る気がする。

トップで脱力するというのも私にとっては似たような感覚だ。

ショートアイアンは7割くらいはグリーンに向かって飛んでいく。
ミドルアイアンでも5割くらい。

今日はFWと1Wはいまいち安定しなかった。それぞれ3球ずつしか打てなかったのだが。

右腕と左腕の力の配分が少々難しかった。左腕はテークバックとダウンで伸びてないとトンデモない球が出るので、左腕を伸ばそうとするのだが、そうすると右腕がおろそかになってしまう。右と左で均等に力を入れると、そこそこ打ちたい方向に飛んで行ってくれる。

もっと時間が欲しい・・・。



2007年04月01日 (日) | 編集 |

しばらく練習しなかったからか、感覚がすっかり抜けている気がする。

土日連荘で練習に行って、少し感覚を取り戻したかな。

右腕の開放を意識しすぎて、左腕が縮こまったり、ダウンスイング初期に右肩が左肩より下がってしまったりしていた。

結果、すくい打ち。球に力が伝わってないみたいだ。

左腕は、右腕を開放したい方向に誘導してやると、球に力が伝わるようだ。

テークバックからトップでためたエネルギーも、ダウン初期に右肩が左肩よりも下がってしまうと、球に伝わる前にどこかに消えていってしまうのか。

左肩を右肩よりも低く保つには、左腕を遠くに下ろすというか、ダウンしてすぐに左に流れそうになる左腕を留めて、右腕を目標に解放するような感覚で打つと、自分の力は少しでも、よく飛んでいく。

パターでも同じことを意識すると、しっかり転がっていく。しっかり転がると、同じ距離を打つのにも振り幅を小さくできるので、方向のぶれも小さくなる。

調子に乗って球を打ちすぎて、右手の中指の爪が割れてしまった。薬指にも肉刺ができているから、まだまだ無駄な力が入っているのだろう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。