ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年12月29日 (金) | 編集 |

パターを変えた。

テーラーのコルザから、ベティナルディ改にした。
改なのは、ハミングバードスポーツ特別仕様wだから。

コルザも軽めだったけど、多分他の一般的なパターに比べても、「重い」!
超重量級パターなのだ。

パットはショートのミスが多いけど、これなら届く!かな?

芝のグリーンで試したい。久しぶりに芝のグリーンのある練習場に行くか・・・。
でも冬場はメンテ中かな。

スポンサーサイト


2006年12月24日 (日) | 編集 |

2006年12月に使用しているクラブです。
パターを変更し、全てハミングバードスポーツ謹製クラブになりました。
あとは変更なしです。

1W(10°) 45インチ ツアーチャンプクアトロQ-95(株式会社ワークス) BSPD468(FUJIKURA)
9W(24°) WIDE VESPO(SYB) BSPD468(FUJIKURA)
6I(28°) アルグラン(共栄ゴルフ) SPD507(FUJIKURA)
7I(32°) 同上
8I(36°) 同上
9I(40°) 同上
PW(45°) 同上
AW(50°) VEGA Wedge01 SPD507(FUJIKURA)
SW(56°) 同上
PT ベティナルディ



2006年12月17日 (日) | 編集 |

今日はR練習場。

全体的にスライスする。体が開いているのがわかるのだが、左脇が筋肉痛なのでこらえ切れない。

1Wは、下記で復調した。
・テークバックからトップでシャフトを立てる。シャフトが地面と垂直に近くなった後にフェースが開きやすいので、フェースを閉じ気味に上げる。
・切り替えしで、ゆったり両肘を飛球線後方に突き出す。
寒くて飛距離が落ち気味だが、ゆったり大きく振るようにする。

パットは、下記で復調した。
・前かがみになりやすいので、踵に体重をかける意識でちょうどよい。
 →長時間パット練習しても腰が痛くならない。腰が痛くなったら前かがみすぎる。
・右手で打ってしまい、ヒッカケるので、左手だけ力を入れてテークバック・フォロー。
 →右手は、小指と薬指だけで支える。

寒いのが苦手なので、冬場はゴルフがメタメタになってしまう。
寒いから練習もあまり行かないし。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。