ハミングバードスポルテ(ハミングバードスポーツ)で作ったオーダーメイドゴルフクラブの体験談です。ハミングバードスポルテはオーダーメイドクラブを販売しているゴルフクラブのお店です。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年10月22日 (日) | 編集 |

修行系クラブを作ってもらって3ヶ月経ちました。まだまだ修行中ですが、どのような変化・効果があったのか記録します。

・入手当初
まるで打てませんでした。ダフリ・トップが多く、まともに飛びませんでした。シャフトを捩るスイングでは重く感じる為、かなり力が入ってしまっていたと思います。


・2週間後
1Wの方向性が非常に安定してきました。飛距離200Yくらいで、前のクラブより若干落ちています。腕の上下動と体の回転が少しできるようになったからではないかと思います。

アイアンは全然打てませんでした。ダフリ・トップ・スライス・フック、何でも出ます。

PWによるランニングアプローチで、距離感がとてもよくなりました。スピンがかかって止まるので、飛距離の計算がやりやすくなったからではないかと思っています。


・1ヵ月後
PWで捕まった?球が打てるようになってきました。頻度はまだまだですが。余分な力が抜けてきました。

1Wの方向性が若干悪くなってきました。飛距離は220Yくらいで、前のクラブと同じくらい飛ぶようになってきました。でも、1Wでは捕まった?球は打てず、高い弾道でスライス系です。コスリ球のような気がします。


・2ヵ月後
PW、9I、8Iで捕まった?球が打てるようになってきました。頻度は5球に1球程度でしょうか?ラウンドではほとんど出ません。大分力が抜けてきました。

1Wの方向性が回復してきました。飛距離も若干伸びてきて、230Yくらいになってきました。1Wでも若干捕まった?球が打てるようになってきました。弾道も前よりやや低めになってきました。入射角が緩めになってきたからでしょうか。まだスライス気味ですが、体の開きも多少抑えられている気がします。


・3ヵ月後
アイアンと9Wで捕まった?球が打てるようになってきました。飛距離も前のクラブより15ー20Yくらい伸びています。前のクラブの半分くらい?の力加減で打っている感覚です。

PWで今まで聞いたことのない「ぱきュっ」という音の球が打てるようになりました。球は高く、距離も出ていて、グリーンに突き刺さるように落ちて止まります。打っていて、とても「気持ちのよい」球です。他のクラブはまだ打てません。

1Wの方向性がまた若干悪くなってきました。飛距離は伸びてきて、250Yくらい飛ぶようになってきました。1回だけ270Yくらい飛んでいきました。まだまだ飛距離はばらつきがあります。体の開きも大分抑えられている気がします。かなり捕まってきたような気がします。左へのミスが増えてきました。



修行系クラブを入手し、3ヶ月が経過しました。

飛距離は確かに伸びました。まだまだ飛距離にばらつきはあるものの、前のクラブと比べて、平均飛距離は明らかに伸びています。1Wで+20Yくらいでしょうか。最大飛距離もかなり伸びています。計測が難しいですが、以前はまったく届かなかった270Yの標的に当たりました。250Yの標的は半分くらいの確率で超えるようになりました。アイアンも+20Yくらいでしょうか。6Iで170Yくらいは飛ぶようになってきました。

方向性も安定してきました。以前はOB打ちまくり、パーオンは全くしませんでしたが、現在はOBは打ってもラウンドに1回、パーオンもハーフに1-2回はするようになってきました。

ショートゲームもよくなっています。ハーフに1-2回は寄せワンが取れるようになってきました。パットは以前とあまり変わりません。パターは以前のままですので。

クラブのつながりもよくなって来ています。以前は1Wでナイスショットだとかなりの高確率でセカンドを大ミスしていましたが、現在は1Wがナイスショットだと、大概セカンドもナイスショットになってきました。

スコアも10ー20打くらいよくなりました。といってもまだまだヘタですが。

考え方・メンタルも大分変わってきました。

以前は、ラウンド中「ミスするのではないか」と疑心暗鬼でしたが、今はスイング・リズムを再現することを考えることが多くなっています。どの番手も同じリズムで振れる(と思っている)ので、そのリズムを自然と再現しようとするのです。

また、「球を捕まえるにはどうすればよいのか?」「そもそも球を捕まえるとはどういう状態なのか」等、深く考えるようになってきたのではないかと思います。考えた結果を実践し、思い通りになることに快感を覚えるようになって来ました。もちろん思い通りにならないことの方が多いのですが・・・。

というわけで、ハミングバードスポーツのHPにある「クラブの持っている影響力を逆手に取り 良い方向に洗脳されていく方法」を少しずつですが、実践しているのではないかと思っています。

スポンサーサイト


2006年10月22日 (日) | 編集 |

パット練習していて、気が付いた。

調子の悪いときほど、アドレスがボールに近すぎる。

ボールを真上から見ているつもりでも、頭がボールより外側に来てしまう。

ボールを斜め手前からみるようにすると、改善した。

ちょっとしたことですぐにパットは不調になってしまう・・。



2006年10月22日 (日) | 編集 |

今日はY練習場。

久しぶりに1Fで練習してみた。

PW以外は、全然駄目だった。やはりY練習場の1Fは、打ち上げになるので
スイングもすくい打ちになりやすい。体が開いてしまう。

しかも、左側はややつま先下がり。長い番手は全然つかまらない。

PWは、120Yグリーンに3/5オン。
後の番手は全然駄目。6Iも150Yくらいしか飛ばない。

体が開いてしまうと、何しても駄目。でも自覚していてもなかなか直らない・・・。



2006年10月15日 (日) | 編集 |

N練習場。

アプローチを試す。

まずはSWのハーフショット。
キャリーで65Yくらい。ランは5-10Yくらいか。70-80Y打つとしよう。
そこそこ安定して打てそうだ。

お次はSWのクォータショット。
キャリーで20-30Yくらい。ランは5-10Yくらいか。25-40Y打つとしよう。
クォータショットは安定度がイマイチ。もっと練習しよう。

フルショットはPWから打っていく。4,5球打たないといい球が出ない。今日も「ぱきュ球」が出た。

9I,8I,7I,6Iと上げていく。ヒッカケとプッシュが出るものの、まあまあ。飛距離は出ている。9Iで120Yグリーンをキャリーで超えていく。6Iで150Yグリーンをキャリーで超えていく。

ヒッカケは、上からヘッドを落とす感覚で解消。のはず。最近またヒッカケが増えてきた。
体も開いてきたかな。

9Wも快調。6Iと同じ感覚で問題無し。ヒッカケやすいので、フェースを開き気味で構えると良い。

1Wはイマイチ。ヒッカケが多発する。9Wと交互に打つと復調するのだが。

今日は1Wでばかっ飛びが出た。キャリーで270Yネット中央くらいに当たった。左手を下に突き出して打ったのだが、めちゃめちゃ走った気がする。でも1球だけ。

その後、幻の1球を追い求めて球が散る。

アイアンと9Wのヒッカケをもっと減らそう。



2006年10月13日 (金) | 編集 |

今日はY練習場。

今日は、PWから打ってみた。

最初の10球くらいは当たりが悪い。

次の10球くらいで、「ぱきュ球」が出た。キャリーで120Y。

さらに打ち込むと、段々おかしくなってくる。

番手を上げていく。そこそこ打てる。思い切って打ったほうが、当てようとするよりも結果が良い。

さらに、ボールの手前10cmくらいの芝一本をじっくり見て、そこに落とすようにすると良いショットが打てる。

9Wもそこそこ打てる。アゲンストのせいか、180Yのグリーン手前に落ちる。

PW 110-120
9I 120-130
8I 130-140
7I 130-150
6I 140-160
9W 150-175?

アゲンストのせいか、若干飛距離が落ちている。

アイアンは、上から落とす感覚だ。9Wも同じ。9Wを、球を運ぶ感覚で打てる。


1Wになると、やはり別人になる。ヒッカケが多い。どーしても飛ばそうとしてしまう。

1Wと9Wと交互に打つ。上から落とす感覚で1Wを打つと、ナイスショットの250Y。最初からこれが打ちたい。アゲてるわりには飛んでいる。


アプローチも練習する。

ヘッドを上げて、上げた軌跡通りに落とす。よい感じ。

30Yと50Yは打ち分けられそうだが、70Yが難しい。SWのフェースを開いても、きっちり当たると80Y超えてしまう。40Yと70Yが打てればよいのだが・・・。

だんだんと練習がマンネリ化してきた気がする。最初からよいショットをするにはどうすればよいのだろうか。



2006年10月11日 (水) | 編集 |

ゴルフは14本使っていいことになっている。

14本使って、簡単にゴルフをするにはどうすればいいのだろう。

どのクラブも、同じように振って、距離を打ち分けることができれば、簡単ではないだろうか?

アイアンはアイアンのスイング、FWはFWのスイング、1Wは1Wのスイングというのでは、覚えるのも、再現するのも大変だ。

ハミングバードスポーツのHPには、次のような記述がある。

「特にナイスショットを打った跡ではその打ったクラブのリズム感が余韻として残ります、いやナイスショットですから当然残そうとします。でその次に打つクラブが全く違う物ではナイススウイングがミスショットを招いてしまいます」

まさにその通りだと思う。誰だって、ナイスショットしたら、そのスイングを繰り返したいだろうと思う。

カーボンシャフトのウッド、スチールシャフトのアイアンを使っていて、同じスイングができるのだろうか?

ウッドもアイアンもカーボンシャフトにしたところで、同じように振れるのだろうか。

「ドライバーはいいけどアイアンが駄目」
「アイアンはいいけどドライバーが駄目」

交互に繰り返すのは、同じように振れないクラブのせいではないだろうか?



2006年10月06日 (金) | 編集 |

今日はN練習場。

1Wは打ちそこない。どうも練習する日の最初の方の1Wの調子が悪い。
A.球が上がらず、フック
B.プッシュスライス
というパターン。最近はAが多い。

原因は、フェースの閉じすぎだろうか。
・アドレスでフェースを開き気味にする(若干ストロンググリップ)
・両手のひらを合わせた方向と胸の関係を保ったままテークバック
・右45度で振り下ろす

といった感じで1Wが復調した。

9W、6I~は、いいカンジだ。
・トップで脱力して左手甲をやや折る
・ワンテンポ置いて、切り替えしで一気にヘッドを落とす
・ボール手前10cmくらいにヘッドを落とす感覚で(じゃないとプッシュスライス)

で、捕まった伸びのあるいい球が打てる。7Iがとてもよかった。

プッシュスライスに要注意だ。特に1W→9Wや1W→6Iでよく出そうだ。

ちょっと気になるのは、1Wだけスイングテンポというか、感覚が異なっているということだ。

9Wやアイアンの感覚で振り下ろすと、プッシュスライスかヒッカケになってしまう。

ダウンスイングで体重をかけてめいっぱい振り下ろしたら、プッシュスライスだが凄まじく飛んだ気がした。

でもコントロールができないからなー。



2006年10月04日 (水) | 編集 |

またもやR練習場。久々にアプローチ練習場に行く。

ダフったり、トップしたり。やはり定期的に生芝から打たないと、感覚が薄れる。

左肩を止めてヘッドを落とす。たまに失敗するが、まあまあ。距離はバラバラだが、ラフからだから仕方が無い。

バンカーも試す。いい感じで打てたが、砂が無くなって来た。慌てて、アプローチ練習場を去り、グリーンへ。

グリーン周りから、ランニングアプローチの練習をする。

一番遠いカップを狙い、数球打つ。

やはりダフリ・トップを繰り返したが、すぐに感覚を取り戻した。

PWのランニングは素晴らしい。10Yくらいがとてもよさげだ。でもショート気味だった。



2006年10月03日 (火) | 編集 |

今日はR練習場。

1W、ヒッカケだ。

だめだ。やはり、一夜明けると
肩を開かない
上から打つ
を忘れてしまう。

PWでは、ぱキゅっ!といい音が出た。うーん、相変わらず気持ちがいい。

6Iはいまいち。初球はよかったが、だんだん崩れてくる。

不調になったらPWに戻ればよかったかな。

9Wは、最初はイマイチだが、上から打つ意識でかなりよくなった。ときどき酷いミス(チョロ・ヒッカケ)が出る。

1Wは、やはり不調。2球だけ230Y付近に飛んだが、後は方向性・飛距離ともダメ。上から打つ意識を忘れてしまう。

1Wで左肩ずらしをすると、プッシュスライスになってしまう。難しい・・・。

仮想ラウンドをしてみた。まあまあだった。1H目からパーだったが、3パットのダボもあり。まあいつもの調子ということで。



2006年10月03日 (火) | 編集 |

今日はY練習場。

1W、いきなり空振り。むう。どうしちまったのだ。

すくい打ちだろう。体も開いているのだ。

PWを打ってみる。ヒッカケた。やはり体が開いている。

右肩を落としてみる。

ぱキゅっ!

お、出た出た。115~120Yくらい。

6Iで打ってみる。ヒッカケた。どうも体が開く。

右肩を落とし、切り替えし後早々に脱力する。
ダウンスイングでは、体は右を向けたままインパクトするイメージ。

ビシっ

まあまあ。150~170Yくらい。「ぱキゅっ」とは鳴らない。

9Wを打ってみる。トップ。すくい打ちだ。

体を右に向けたまま・・・をイメージ。

バシュっ

お、いい感じ。170Y~180Yくらい。

1Wを打ってみる。チョロ。トップ。低い球。どうにも球が上がらない。やはりすくい打ちだ。

何球か打ってみるが、いまいち改善しない。

6Iに戻ってみる。やはりすくい打ち。体は右を・・・をイメージ。

いい感じ。このまま1Wを打ってみる。

・・・。やはり低い球。

左手を下に押し込んで、右を向いたまま・・・をイメージ。

お、ちょっと改善。

ダウンでも左手を下に突く。

おぉ、250Yいった。ようやく復調した。

何回か打ってみたが、250Yに届く。

仮想ラウンドで、6I、9Wと交互に打ってみる。かなりいい感じ。

このまま次のラウンドまでもつかな・・・。



2006年10月01日 (日) | 編集 |

今日はR練習場。

1W。いきなりチョロである。すくい打ったら最後、とんでもないミスショットが出るのである。

1W以外はかなりよかった。でも1Wが打てない。そのうち9Wも打てなくなってきた。原因はすくい打ちというか、左肩がダウンで上がってしまうため。

左肩を下げるようにしたら9Wはとてもよくなった。でも1Wはまだ不安定。フェースが開いてしまっていて、左肩を下げようとしても下げられないからだろうか?

左肩を下げようと意識したら、他のクラブも全部よくなった。なんとパターもよくなってきた。上からヘッドを自然落下させるようにして打つと、かなりの確率で入った。特にショートパットがいい。



2006年10月01日 (日) | 編集 |

今日はN練習場。気のせいかここのティーは低い気がする。

PWを打つ。カツンと硬い打感。「ぱキゅ」って音はしない。

SW、AW、PW・・と打っていく。

どすっ、ぱキゅ、カツン、どすっ、カツン、ぱキゅ、カーン

何回か「ぱキゅ」と音が出る。うむ、まだ再現できる。やはり右肩ずらしの感覚だ。

9I、8I、7I、6Iと打っていく。段々「ぱキゅ」という音が出なくなる。6Iは一回も出なかった。段々打った感触が硬くなる。

6I145-170Y
7I140-160Y
8I130-145Y
9I120-135Y
PW110-125Y
AW100-110Y
SW85-90Y

アイアン全体の飛距離が伸びた。ばらつきも増えたが・・・。7Iあたりから距離のばらつきが大きくなる。8Iくらいまではやたらと球が高く上がっている気がする。

9Wはイマイチだったが、PWの感覚を取り入れ、PWを数発打ってから9Wを打つと、そこそこ打てた。

1Wは全然駄目。別人になってしまう。打ち出しが低く、フックばかり。ティーが低すぎるのかなーと責任転嫁してみる。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。